第100回全国高校サッカー選手権大会が28日に開幕。開幕ゲームは国立競技場で行われ、東京B代表の関東第一高校が大分県代表の中津東高校を6-0で下し、初戦を突破した。

試合は13分に若松歩[8]がCKのこぼれ球を蹴り込み、新国立競技場での高校サッカー初ゴールで関東第一高校が先制。すると22分には坂井航太[11]が本間凜[9]の落としをボレーで決めて追加点。さらにアディショナルタイム2分には、藤井日向[7]がミドルシュートを決めて前半でリードを3点とする。

後半に入っても43分に本間がゴールを決めて4点差とすると、76分には途中出場の平形京太[18]が豪快に胸とラップからボレーを決めてゴール。79分には左からのクロスをニアサイドに飛び込んだ肥田野蓮治[10]が合わせて、6-0で大勝した。

試合後、先制ゴールを決めたMF若松歩はメディアの取材に応対。試合の感想については「最初は監督のミーティングで、0-0で前半戻ってきてという感じでしたが、前半に自分のゴールで最初点を取って、チームを勢い付けられたことは良かったと思います」と、自分のゴールで勢いづけられて良かったと語った。

このゴールは新国立競技場での高校サッカー初ゴールとなったが、「自分は最初は第1号というのは意識していなくて、自分のところからチャンスを作ることを意識していました」とコメント。「CKからあそこのタイミングで溢れてきたので、決められるなと思って、こぼれに反応して決められました」と、しっかりと対応できたゴールだとした。

その若松は左ウイングバックとして出場。立ち上がりから左サイドを崩し、クロスやチャンスメイクをしていた。

「自分は身体能力があまり高くないんですが、相手をワンツーで剥がしたり、そういうところで相手を上回ろうと思っていました。仲間をうまく使いながら、左サイドを崩して、クロスだったり、チャンスメイクができたので、そういうところはいつも意識していました」と、狙い通りのプレーができていたようだ。

監督の指示を考えれば堅い入りになってもおかしくなかった中、選手たちは前半から躍動。「最初からみんなが自分たちのサッカーに自信を持ってやれたので、そこで下を向かずにしっかり自信を持ってプレーできたからこそ、守備に回らず攻撃中心にできたと思います」と、メンタリティもしっかりと備わっていたようだ。

若松は左右のサイド、そしてサイドバックとサイドハーフと様々なポジションで起用されるユーティリティプレーヤー。FW出身でもある中での先制ゴールだったが、「シュートに自信は持っていますが、ゴールという気持ちではなく、自分からチャンスメイクしてチームに貢献できればと思っています」と、ゴールよりもチャンスを作る方向でプレーしているとのこと。「ゴールに貪欲ではないですが、タイミングやポジショニングで相手を上回って、今日はゴールを決められました」と、狙い通りだったとゴールを改めて振り返った。

またユーティリティ性は強みだともコメント。「今は左サイドハーフをやっていて、去年は右サイドバックをやっていて、練習試合でも右ハーフや左サイドバックなど色々なポジションをやらせてもらっていて、どのポジションに入っても、自分は対応できるのが強みだと思います」と語り、自信を持ってプレーできているようだ。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら