湘南ベルマーレは29日、柏レイソルからFW瀬川祐輔(27)が完全移籍で加入したと発表した。

瀬川は明治大学から2016年にJ2のザスパクサツ群馬へと加入した。ルーキーイヤーながら全試合に出場してチームトップの13得点を挙げる活躍を見せ、翌年は当時J1の大宮アルディージャへとステップアップ。柏へは2018年に加わった。

運動量とアジリティを武器に、これまでJ1通算では78試合出場15得点、J2通算では82試合出場21得点という数字を残している。

湘南への加入に際して瀬川は両チームを通じてコメント。特に古巣には来季の開幕カード、湘南vs柏を意識した言葉を残している。

◆湘南ベルマーレ
「柏レイソルから移籍してきました、瀬川祐輔です。僕自身、相当な覚悟を持って湘南ベルマーレに移籍してきました。ひとつでも多くの勝利をサポーターの皆さんに届けられるように、持っている力を最大限に出してプレーします。よろしくお願いします」

◆柏レイソル
「柏レイソルのファン、サポーターの皆さんへ」

「4年間本当にありがとうございました。サッカー選手として大きく成長できた4年間でした。どれだけ感謝しても感謝しきれません。レイソルでプレーできたこと、日立台でプレーできたこと、これは僕の大きな財産です。本当にありがとうございました」

「今回の移籍に関して、限られた時間の中で何度も何度も悩みましたが、サッカー選手としてさらに成長するためには、環境を変えるべきタイミングだと思い、決断しました。いまから来年の開幕戦が楽しみです!!絶対負けません!ありがとうございました」


ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら