前半戦を終えて首位に立ったのは昨季王者インテルとなった。コンテ監督の退任、昨季MVPのFWルカク退団で戦力低下が予想されたが、それらを覆しての首位ターンとなった。

◆S・インザーギ監督の確かな手腕〜インテル〜
昨季スクデット獲得の立役者だったコンテ監督の退任に伴い、ラツィオで好結果を収め続けていたS・インザーギ監督の招へいを決断したインテルだったが、これが吉と出た。コンテ監督同様にラツィオ時代から愛用していた3バックシステムを採用し、大幅な戦術変更がなかった点も奏功した格好だ。また、ルカクの代役として補強されたベテランFWジェコの活躍もチーム力の維持に貢献。ミランから加入したMFチャルハノールもすんなりとチームにフィットし、首位ターンに相応しい穴のないチームに仕上がった。

◆インテル同様にチーム力維持〜ミラン〜
インテルに続いたのはミランとなった。ミランもインテル同様に開幕前は主力の移籍があり不安があったが、代役がきっちりと穴を埋めた。とりわけ守護神ドンナルンマの代わりに迎えられたGKメニャンが大当たりで戦力低下を免れた。司令塔チャルハノールの代役に関してもMFブラヒム・ディアスが一本立ちしたことで補い、チーム力を維持して見せた。8季ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)ではグループステージ敗退に終わったが、セリエAでは安定した戦いを続けた。

◆スパレッティ監督の手腕〜ナポリ〜
主力の流出、新戦力加入の少なかったナポリが、ミラノ勢に続いた。その立役者はガットゥーゾ前監督の退任に伴い、招へいされたスパレッティ監督。手慣れの指揮官はガットゥーゾ前監督の作り上げたチームをベースにしつつ、大きな戦術変更を行わなかった。そんな中で輝きを放ったのがMFファビアン・ルイスとMFジエリンスキ。共にゲームメークを担うだけでなく積極的にゴールを狙いに行き、前半戦を終えてそれぞれ5ゴールを記録。攻撃的なスタイルで結果、内容ともに申し分ない前半戦を過ごした。

◆CL敗退もセリエAでは上位維持〜アタランタ〜
6季目となったガスペリーニ監督の下、3季連続でCL出場を果たしたプロビンチャの雄アタランタが4位でシーズンを折り返した。惜しくもCLでは決勝トーナメント進出は果たせなかったが、セリエAでは順調に勝ち点を積み重ねた。守護神ゴッリーニ、ディフェンスリーダーだったロメロが移籍したが、代わって加入のGKムッソ、DFデミラルがしっかりと穴を埋め、チーム力を維持している。

◆アッレグリ復帰も深刻な得点力不足〜ユベントス〜
ピルロ監督の解任に伴い、アッレグリ監督を3季ぶりに呼び戻したユベントスだったが、低調な試合が続いた。堅守こそ取り戻した感はあるものの、昨季までの得点源だったFWロナウドの退団もあって深刻な得点力不足に陥った。何とか5位でシーズンを折り返したが、1月でのストライカー獲得は急務な状態だ。

◆モウリーニョ招へいも改革半ば〜ローマ〜
かつてインテルで3冠を成し遂げたモウリーニョ監督を迎えたローマは、昨季同様に上位勢相手にことごとく敗れて波に乗れなかった。唯一アタランタには快勝としたものの、それ以外の強豪には敗戦。勝負弱さを露呈したが、後半戦でかつてのモウリーニョ監督率いるチームのような勝負強さを手に入れることはできるか。

◆サッリ招へいも戦術浸透は先〜ラツィオ〜
S・インザーギ監督のインテル監督就任に伴い、サッリ監督を招へいしたラツィオもローマ同様に不安定な戦いが続いた。サッリ監督の好む[4-3-3]への変更に戸惑いがあるのか試合によってはハマることもあったが、相手の守備を崩せず何もできないこともしばしばで、両極端の試合が続いている。後半戦では戦術の浸透により上昇気流に乗りたい。

◆レギュラーキープもチームは低迷〜サンプドリアDF吉田〜
昨季は9位フィニッシュのチームの中で主力センターバックとして存在感を示した吉田。加入3季目となる今季はダヴェルサ新監督の下、引き続きレギュラーをキープしているが、チームは低迷。吉田自身は奮闘しているものの、課題は山積だ。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆MFマルセロ・ブロゾビッチ(インテル)
Getty Images
ファビアン・ルイスと迷ったが、首位ターンを決めたインテルからブロゾビッチを選出。前半戦全試合で先発し、オーガナイザーとして確実な仕事を果たした。地味ながらも味方へ的確な配球を行うことで両脇のチャルハノール、バレッラが生き生きとプレーすることができていた。

★最優秀監督
◆シモーネ・インザーギ(インテル)
Getty Images
コンテ監督が作り上げたチームをうまく引き継ぎ、前半戦首位ターンとしたインテルのS・インザーギ監督を選出。自身の我を出し過ぎず、スター選手たちを気持ちよくプレーさせることに専念している様子。うまい舵取りを見せている。

【期待以上】
★チーム
◆インテル
Getty Images
王者インテルが14勝4分け1敗の圧巻の成績で前半戦を終えた。主砲ルカクやDFハキミが移籍した中でこの成績は上々。後半戦も駆け抜けることはできるか。

★選手
FWエディン・ジェコ(インテル)
Getty Images
ローマで斜陽のキャリアを送りかけていた35歳がインテルでもう一花咲かせにかかっている。8ゴール4アシストを記録し、相棒のラウタロと共にゴールを重ねている。

【期待外れ】
★チーム
◆ユベントス
Getty Images
アッレグリ監督の復帰で復権は濃厚かに思われたが、そう甘くはなかった。守備の立て直しを図るのに精いっぱいで攻撃に手が回らず、深刻な得点力不足に陥ってしまった。

★選手
◆FWフェデリコ・キエーザ(ユベントス)
Getty Images
ユーロで活躍し、ユベントスでも同様の活躍を期待していたが、ケガなどもあり思うような結果を残せず。前半戦は1ゴールと寂しい結果に。