チェルシーのトーマス・トゥヘル監督がチームの苦しい台所事情を主張した。

チェルシーは30日に本拠地でプレミアリーグ第20節のブライトン&ホーヴ・アルビオンに臨み、1-1のドロー。前半にベルギー代表FWロメル・ルカクのゴールで先制したが、後半アディショナルタイムに元イングランド代表FWダニー・ウェルベックの土壇場弾を浴び、逃げ切りに失敗した。

土壇場で勝ち点2を失う結果に終わり、首位を走るマンチェスター・シティの背中がさらに遠ざかってしまったチェルシー。ドイツ人指揮官はイギリス『BBC』でなかなか選手が揃わないチームの現状を嘆いている。

「(優勝争いに)どう加わっていけと? 我々は7人の新型コロナウイルスの陽性者がいる。しかも、5、6人の選手は6週間以上も離脱している。どうやってタイトルレースで競っていけば良いんだ? 新型コロナウイルスの陽性者やケガ人がいて乗り越えられると思うのはバカげている」

そんなチェルシーだが、この試合でもイングランド代表DFリース・ジェームズとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンが揃って負傷交代と戦力的なダメージも…。10連勝のシティが一歩リードし始めたプレミアリーグの覇権争いだが、チェルシーは踏ん張れるか。

メッシがラ・リーガとCLで挙げた全ゴールとともに
バルセロナでの17年を振り返る!
>放送予定など詳しくはこちら