京都サンガF.C.は30日、DF本多勇喜(30)、DF飯田貴敬(27)との契約を更新したと発表した。

名古屋グランパスの育成組織出身である本多は、2013年に阪南大学から名古屋へと加入。3シーズンを過ごした後に2016年に京都へと完全移籍でやってきた。

サイドバックやセンターバックとして最終ラインを支え、今季はJ2リーグで20試合0得点という記録を残している。

飯田は2017年に専修大学から清水エスパルスへと加入。2020年に京都へと完全移籍で加わった。

縦に勝負できる右サイドバックとして、今季は36試合に出場し、J初ゴールも記録。クラブの12年ぶりのJ1昇格に大きく貢献した。

契約更新にあたり、2名はクラブ公式サイトに次のようなコメントを充てている。

◆本多勇喜
「来シーズンも京都サンガF.C.でプレーさせていただくことになりました!7年ぶりのJ1の舞台に心躍る想いでいっぱいです。熱い気持ちを胸に、全力で目の前の1試合1試合を戦い抜きます!サポーターの皆さんも、12年ぶりのJ1の舞台を楽しんで、僕らと共に戦ってください!来年も熱い応援をよろしくお願いします!良いお年を!」

◆飯田貴敬
「『サンガで勝負したい』自分の心に嘘はつけなかったです」

「今年1年間、言葉では表せないほど充実した1年間でした。自分の成長を感じ、毎日サッカーがしたくてたまらない、悔しくて泣いて嬉しくて笑って、サッカー小僧に戻れた気がします」

「振り返れば、苦しんだ事や悩んだ事の方が多かったかもしれません。それでも1年間闘い抜いて掴んだ昇格、試合に勝って見る皆さんの笑顔、感動して泣いている姿は、何にも代え難い物でした。その全てが僕の財産であり、宝物です。京都の街も、人も大好きになりました」

「そんな街に自分の愛するクラブがあって、サンガを愛する全ての皆さんの思いを背負って戦える事は本当に幸せです」

「来年は待ちに待ったJ1の舞台ですね!来シーズンも京都サンガF.C.を、京都のアクセル、飯田貴敬をよろしくお願いします!」

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら