テゲバジャーロ宮崎は31日、MF小野寺達也(34)、DF綿引康(23)との契約更新を発表した。

小野寺は栃木SCやV・ファーレン長崎、ギラヴァンツ北九州でプレー。2019年から宮崎でプレーしている。

今シーズンは明治安田生命J3リーグで2試合の出場に終わっていた。

綿引は前橋育英高校から鹿屋体育大学へと進学。2020年に宮崎へと入団した。

入団2年目の今シーズンは明治安田J3で19試合に出場していた。

両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆MF小野寺達也
「テゲバジャーロ宮崎に関わるファン・サポーター、スポンサー、ボランティアスタッフの皆様、今シーズンも多くのご支援・ご声援ありがとうございました」

「2022年シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーさせていただく事になりました。プレーできる事に感謝し、テゲバジャーロ宮崎に関わるすべての人と共に成長できるように日々努力していきます。来シーズンもよろしくお願いします!」

◆DF綿引康
「2022シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーさせて頂くことになりました。プレーできる環境を与えて下さったクラブに感謝しています」

「昨シーズン以上にプレー面でも人間としても成長できるよう自分と真摯に向き合っていこうと思います。一戦一戦全力で闘います!共に闘いましょう!!!」

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら