チェルシーのベルギー代表FWロメル・ルカクのイタリア『スカイ・スポルト』のインタビューを巡って、クラブ内に不穏な空気が漂っている。

ルカクは今夏の移籍市場でインテルからチェルシーのクラブ史上最高額の9750万ポンド(約151億円)でロンドンに帰還。ここまでは負傷や新型コロナウイルス感染の影響もあり、公式戦18試合で7ゴールの成績に留まっている。

直近のリーグ戦では2試合連続ゴールを挙げるなど、徐々にコンディションを上げているルカクだが、『スカイ・スポルト』が公開した最新のインタビューによってチェルシーでの立場が危ぶまれる事態となっている。

数週間前に収録されたとされる今回のインタビューにおいてルカクは、インテルからチェルシーへの移籍の経緯などを包み隠さず明かした。さらに、トーマス・トゥヘル監督の下でのプレーに不満を抱いていることを示唆している。

「チェルシーから連絡があったとき、それは僕にとって挑戦だった。また、(自身がプレーした)8年間で一度もプレミアリーグのタイトルを獲ったことがないのは、とても気になったからだ。子供の頃から応援しているクラブでプレミアリーグに復帰するチャンスを断るのは難しかった」

「現状、肉体的には問題ない。でも、チェルシーの状況には満足していない。トゥヘルは別のシステムでプレーすることを選んだけど、僕は諦めないし、プロフェッショナルであり続ける。この状況に満足はしていないけど、僕はプロフェッショナルだ」

「今、僕は監督にもっとプレーさせられると思っているけど、監督の選択を尊重する。ただ、仕事を続けて、自分の出番を待つだけだ」

「トゥヘルとは、互いに妥協点を“見いだせる”ような戦術的システム、(リーグ戦の順位表)状況が少し複雑なので、チームを助ける方法を見つけようとしている。ある時点でトゥヘルと話し、状況を確認するつもりだ」

また、現在はチェルシーの一員としてプレーするルカクだが、今回のインタビューでは最悪な形で分かれたインテリスタとの関係修復を意識してか、殊更にインテル愛を強調。将来的な復帰を熱望していることも明かしている。

「インテルファンに謝りたい、僕の言葉のタイミングが悪かった」

「今こそ、自分の気持ちを伝えるべきときだ。僕はいつも心の中にインテルがあると言ってきた。そして、自分がインテルに戻ることを知っているし、心からそう願っている。イタリアを愛しているしね。今こそ、本当のことを話し、人々に知らせるべきときなんだ」

「夏に起こったことはすべてこのように起こるはずではなかったと思う…。僕がインテルを去った方法、インテルのファンとのコミュニケーション…。これらは正しい時期ではなかったし、自分自身を悩ませたよ」

「自分のキャリアの最後ではなく、まだトップレベルにいるときにインテルに戻り、もっと一緒に勝ちたいと心から願っているよ」

さらに、移籍の前にインテルから新契約のオファーが届いていれば、間違いなく残留を選択していたと主張している。

「(もしインテルに十分な経済力があれば残留していたか?)その場合、夏の時期には100%インテルに残っていただろうね」

「夏に僕はインテルの幹部と話をしに行き、新しい契約を求めた。28歳という年齢で、新しい契約を結びイタリアでの今後の生活を計画したかった。だけど、インテルはノーと言った。経済的な余裕がなかったのかもしれません。僕にとっては受け入れがたいことだった」

「もし、夏に僕が望んでいたようにインテルから新契約のオファーがあったなら、今こうしてロンドンからではなく、ミラノから静かにインタビューを受けていただろうね」

自身の采配に対する不満に加え、クラブへの忠誠心を疑わせるルカクの一連のコメントを受け、トゥヘル監督はリバプール戦に向けた公式会見の場で苦言を呈している。

「もちろん、必要ない雑音をもたらすものであり、参考にはならないので、ああいった類のインタビューは好きではない」

「その一方で、実際のこと以上に騒ぎ立てたくはない。文脈を無視してセリフを言うのはとても簡単だ。セリフを切り取ったり、見出しをつけたりするのは簡単で、後になってから、それはそれほど悪いことではなく、彼が言いたかったことでもなかったと気づくこともあるからだ」

「我々は見出しを読むためだけにここにいるわけではないし、時間をかけて何が起こっているのかを理解しようとすることはできるかもしれない。なぜなら、それは日々の仕事を反映していない、日々の態度を反映していない。ロメルがコブハムで見せている日々の振る舞いを反映していない、ということだからだ」

「このことについては私ではなく、本人に聞いてほしい。私はただ単に驚いただけで、これ以上あなた方の手伝いはできない」

「ロメルに関しては、この建物の中で誰も彼が不幸であることに気づいていないと思うし、だからこそ、このような発言にとても驚いているんだ。まず、このようなことになる理由が見当たらないので、確認する必要がある。ロメルが何を言うか待って、それから対処することになる」