チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョがプレミアリーグの交代枠問題に意見した。

新型コロナウイルスの感染拡大が世界的に問題になって以降、今もほとんどの欧州主要リーグが選手の負傷リスクを減らす観点から5人交代制を継続している。そのなか、5人交代制を永続化しようとするリーグもあるが、プレミアリーグは2019-20シーズンを最後に従来の3人交代制に戻した。

プレミアリーグは元々、他のリーグと比較してもタイトな日程で有名だが、そんな厳しい環境に2018年から身を投じるジョルジーニョは『beIN Sports』で

「休む暇もないのだから、大変さ。3日おきにプレーしなければならないのに、交代枠は3つだけ。5人の交代が行えないなんて、正気じゃない」

「何か手を打たないとね。このままいったらケガ人が増えるばかりで、試合の質だって下がる。エンターテインメント的にもベストじゃない」

「イングランドはそこに目をやるべきだ」