サンプドリアは3日、元ポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(32)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。

ポルトガル代表として26キャップを持つアドリエン・シウバは、スポルティング・リスボンで長らく活躍した後、2017年にレスター・シティへ加入。しかし、レスターでは出場機会に恵まれず、2019年冬のモナコへのレンタル移籍を経て2020年10月にサンプドリアへ2年間の契約でフリー加入していた。

サンプドリアでは在籍1年半で公式戦44試合に出場するなど、中盤の準主力として活躍。だが、クラブとの契約延長交渉が停滞したことにより、今冬のタイミングでの契約解消という結論に至ったようだ。

なお、アドリエン・シウバの新天地はUAEのアル・ワフダ・アブダビとなる見込みだ。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら