サンプドリアの日本代表DF吉田麻也がイタリア生活を満喫している。

吉田は2020年1月に7年半在籍したサウサンプトンからサンプドリアへレンタルで加入。昨季から完全移籍に移行すると、公式戦34試合の出場と定位置を確保。今季は新体制になりながらもここまでセリエA17試合で出番を掴んでいる。

イタリアでの3シーズン目を迎える吉田は、自身のSNSで度々プライベートでの姿も投稿しているが、4日には数カ月前に訪問したというイタリアを代表する高級ワイン「バローロ」のワイナリーの写真を掲載。ワインのボトルだけでなく、大きなトリュフやワインを熟成する無数の樽のショットも公開した。

上品なニットを着用し、ワインボトルを手に笑顔を見せる吉田には、ファンから「イタリアお似合いです」、「トリュフ凄〜い」、「飲んでみたい」、「最高だね」と羨望の声もあがった。

2021年はクラブでの戦いだけでなく、オーバーエイジとして参加した東京オリンピックやキャプテンとして臨んでいるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選も含め、タフな1年となった吉田だが、オフではしっかりと切り替え異国の地の生活を楽しんでいるようだ。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら