チェルシーのドイツ代表MFカイ・ハヴァーツが体を張ってゴールを決めた。

チェルシーは5日、EFLカップ(カラバオカップ)の準決勝1stレグでトッテナムとホームで対戦。ハヴァーツは先発出場した。

試合は開始早々、チェルシーのDFマルコス・アロンソがトッテナム陣内でパスをカットし、ボックス左に走り込むハヴァーツに絶妙なスルーパス。ハヴァーツが左足を振り抜くと、トッテナムのDFダビンソン・サンチェスに当たって大きくコースが変わったボールがゴールネットに突き刺さった。

ハヴァーツはこの際に、相手GKウーゴ・ロリスを避けようと、シュート直後に大きくジャンプ。しかし、この時に右手の小指を地面についてしまい負傷したようだ。

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は、ハヴァーツのケガについて次のように語っている。

「カイは指に問題を抱え、指を骨折して酷いありさまだった。そして、彼はどんどん大きくなる痛みに耐えてプレーした。彼はハーフタイムまで持ちこたえ、それから交代することになった」

ハヴァーツには、ファンからも「見てられない」、「恐ろしい」、「痛そう」、「大丈夫か」、「得点の代償が大きい」、「早く良くなって!」と心配の声が寄せられたが、ドイツ代表MFは試合後に自身のツイッターを更新。「ねじれた指についてのメッセージありがとう」と感謝を綴っている。