セリエA第20節、ユベントスvsナポリが6日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 シュチェスニー 6.0
防げる枠内シュートは的確にセーブ

DF
11 クアドラード 5.5
何度か突破されたが、インシーニェの対応に集中

4 デ・リフト 6.0
ボヌッチとキエッリーニ不在の中、ディフェンスを統率

24 ルガーニ 6.0
デ・リフトと共に集中した対応を見せて主力不在の穴を埋める

12 アレックス・サンドロ 5.0
失点場面ではポリターノに付ききれず

(→デ・シリオ -)

MF
14 マッケニー 6.0
前線への絡みで攻撃にアクセントを付ける。開始早々の決定機を決めたかった

27 ロカテッリ 6.0
正確なフィードでゲームを組み立てた

25 ラビオ 5.5
何度かゴール前まで絡む動きを見せるも回数は少なかった

(→ベンタンクール 5.5)
すんなりと試合に入った

FW
20 ベルナルデスキ 5.5
仕掛ける姿勢は見せたが、打開するには至らず

(→ディバラ 5.5)
負傷明け。相手の守備をこじ開けることはできず

9 モラタ 5.0
移籍が噂される中で先発。目立った働きはなかった

22 キエーザ 6.5
ゴールへ向かう姿勢が結果につながった

(→クルゼフスキ -)

監督
アッレグリ 6.0
攻撃面での問題が多少改善されつつある様子。主力を欠いたナポリ相手とはいえ、試合をコントロールしていた

ナポリ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
25 オスピナ 6.0
シュチェスニー同様、防げる枠内シュートをしっかりとセーブ

DF
22 ディ・ロレンツォ 5.5
守備重点。キエーザの対応に集中も何度か突破された

13 ラフマニ 6.0
ハードな対応でモラタを封殺

5 ファン・ジェズス 6.0
クリバリの穴を埋める。ここ数試合、良い働きができている

31 グラム 5.5
攻撃に出ていかず、守備を締めていた

MF
21 ポリターノ 5.5
アシストを記録も全体的にはボールタッチが少なかった

(→エルマス -)

68 ロボツカ 6.0
ボールをうまく散らしていた

(→ザノーリ -)

20 ジエリンスキ 5.5
1本惜しいミドルシュートを放つも、全体的には仕事ができず

4 デンメ 6.0
ロボツカと良い関係性を保ち、中盤をコントロール

24 インシーニェ 6.0
さすがの打開力でアクセントを付けた。先制点にも関与

FW
14 メルテンス 6.0
好機は少なかったが、しっかりと決め切る決定力はさすが

(→ペターニャ -)

監督代行
ドメンキーニ 6.0
主力不在の中、敵地でドローは悪くない結果

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
キエーザ(ユベントス)
負傷明け。シーズン前半戦は活躍できなかったが、後半戦初戦を良い形でスタートすることができた。

ユベントス 1-1 ナポリ
【ユベントス】
キエーザ(後9)
【ナポリ】
メルテンス(前23)