ローマは8日、アーセナルからイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズ(24)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「15」に決定している。

なお、今回の契約は買い取りオプションが付かないドライローンとなり、金額は不明もローマはアーセナルにレンタル料を支払うことになる。

自身初の国外移籍を選択したメイトランド=ナイルズはクラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。

「ここに来れたことを嬉しく思っているし、早く仕事を始めたいと思っているよ」

「チームに貢献し、プレーヤーとして何ができるかを示したいんだ」

「すでに応援してくれているファンのみんなに感謝しているし、シーズンの終わりには、何か素晴らしいことを成し遂げられることを願っているよ」

一方、ローマでゼネラル・マネージャーを務めるチアゴ・ピント氏は今冬の移籍市場で1人目の補強選手となったイングランド代表MFの獲得オペレーションに満足感を示している。

「メイトランド=ナイルズはローマに様々なものをもたらす若いプレーヤーだ。彼は様々なポジションをカバーできる我々が求めていたプロファイルによくマッチしたプレーヤーであり、このスカッドを向上させてくれるはずだ」

「また、エインズリーと話しをしたとき、我々のグループに加わること、そしてジョゼ・モウリーニョ監督と仕事をする機会を得ることに対する彼の熱意に、我々は本当に心を打たれた」

開幕前の段階でミケル・アルテタ監督の構想外と伝えられた24歳MFは、今季ここまで公式戦11試合に出場。しかし、その大半が短い時間の途中出場となっており、今冬のタイミングでの退団が有力視されていた。

そういった中、今冬の移籍市場で右サイドとセントラルMFの補強に動いていたローマは、セントラルMFを主戦場に右サイドハーフでもプレー可能なユーティリティー性と、ポルトガル人指揮官好みのアスリート能力を併せ持つメイトランド=ナイルズの獲得に至った。

現在、ローマではDFクリス・スモーリング、FWタミー・エイブラハムと2人のイングランド人プレーヤーが活躍しており、3人目としてメイトランド=ナイルズが加わることになった。

9日にセリエA第21節のユベントスとの大一番を控えているローマでは、右ウイングバックの主力を担うオランダ代表DFリック・カルスドルプが出場停止で不在となっており、メイトランド=ナイルズはその代役としていきなりスタメンデビューを飾る可能性も十分にありそうだ。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら