3日前に行われた後半戦スタートとなった前節、インテルやアタランタが新型コロナウイルスの再流行により試合が延期となった中、ミランがローマを下し、ユベントスとナポリはドロー決着となった。迎える第21節は日曜一斉開催で行われ、インテルvsラツィオ、ローマvsユベントスのビッグマッチが開催される。

ボローニャ戦が延期となった首位インテル(勝ち点46)は、2位ミランに暫定1ポイント差に詰め寄られた。MFチャルハノールが出場停止で欠場となるが、主力にコロナ陽性者はおらずほぼベストな状態で戦える。今季の1stマッチでは1-3と敗れたS・インザーギ監督の古巣ラツィオを下して首位キープとなるか。

対する8位ラツィオ(勝ち点32)は前節エンポリ戦を打ち合いの末3-3で引き分けた。後半追加タイムでのMFミリンコビッチ=サビッチ弾で何とか引き分けた格好となったが、シーズン前半戦同様に不安定な戦いが続いてしまうのか。インテル戦でシーズン後半を占えそうだ。

続いてローマvsユベントス。7位ローマ(勝ち点32)は前節、最終的に9人となった中、ミランに1-3で完敗。ユベントス戦では退場したMFカルスドルプ、DFマンチーニが欠場となる中、アーセナルからレンタルで加入のDFメイトランド=ナイルズが早速先発デビュー予定。チームの救世主となれるかに注目だ。

一方、主力を欠いたナポリに引き分けた5位ユベントス(勝ち点35)は、DFキエッリーニがコロナから復帰するものの、DFボヌッチは負傷により引き続き欠場予想。代役のDFルガーニの奮闘が引き続き求められる。ナポリ戦では負傷明けのFWキエーザが好パフォーマンスを見せたが、ローマ戦でも輝くか。

ローマを下した2位ミラン(勝ち点45)は、16位ヴェネツィア(勝ち点17)とのアウェイ戦に臨む。ローマ戦では序盤に得た2ゴールで余裕を持った戦いを展開できたミラン。先発を回避したFWイブラヒモビッチ、FWレオンらがスタメン予想となっているが、彼らの活躍で勝利を手繰り寄せられるか。

アフリカネーションズカップ参戦により主力を複数欠いた中、ユベントスに引き分けた3位ナポリ(勝ち点40)は、DF吉田の15位サンプドリア(勝ち点20)と対戦する。負傷とコロナにより長期離脱となっていたMFファビアン・ルイスがベンチ入り予想となっている中、下位に沈むサンプドリアには必勝としたい。移籍が噂されながらもユベントス戦では流石のパフォーマンスを見せたFWインシーニェのプレーにも注目だ。

対するサンプドリアは前節、吉田が先制点をアシストしたものの、カリアリに逆転負け。この試合で負傷交代した吉田は欠場となるが、ナポリ攻撃陣を抑え込むことはできるか。

◆セリエA第21節
1/9(日)
《20:30》
ヴェネツィアvsミラン
エンポリvsサッスオーロ
《24:30》
ナポリvsサンプドリア
ウディネーゼvsアタランタ
《26:30》
ジェノアvsスペツィア
ローマvsユベントス
《28:45》
インテルvsラツィオ
ヴェローナvsサレルニターナ
1/10(月)
トリノvsフィオレンティーナ
1/11(火)
カリアリvsボローニャ