セリエA第21節、ローマvsユベントスが9日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのユベントスが3-4で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
 
ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 パトリシオ 5.0
屈辱の4失点を喫したが、個人として大きな責任はなし。失点場面以外ではあまり無理を強いられることはなかった
 
DF
15 メイトランド=ナイルズ 5.5
加入1日後にビッグマッチでデビュー。チームのシステム変更によって右サイドバックでのスタートとなった中、攻守にぎこちなさは見受けられたものの、球際の奮闘や無難な繋ぎなど及第点の出来
 
6 スモーリング 5.0
決勝点に繋がるミスに加え、ディフェンスリーダーとして4失点の責任は負うべき。それでも、試合を通しての個人としてのパフォーマンスはそこまで悪いものではなかった
 
3 イバニェス 4.5
2失点目の場面ではモラタにあっさりとかわされた。それ以外の場面でも人任せな部分が多く守備者として厳しい出来だった
 
5 ビーニャ 5.5
ミラン戦での低調なパフォーマンスから挽回。守備では身体を張り、攻撃では内と外を効果的に使いながらアクセントを付けた
 
MF
17 ヴェレトゥ 5.5
先制点を演出。ただ、1失点目の場面では警戒すべきディバラを離してしまった。アンカーでプレーしたミラン戦に比べてプレーは改善
 
(→カルレス・ペレス 5.5)
一度惜しいシュートがあったが、攻撃を活性化させるまでには至らず
 
4 クリスタンテ 4.5
アンカーでの起用となった中、2失点目を筆頭に危険なスペースを空ける場面が多く大量失点の一因に。攻撃では良さもあったが、守備のマイナスは大きかった
 
7 ペッレグリーニ 6.0
見事な直接FKを決めるなど、復帰2戦目で復調を見せていただけに痛恨のPK失敗に…
 
(→マジョラル -)
 
FW
77 ムヒタリアン 6.0
果敢なシュートがディフレクトによるゴールに繋がった。右ウイングに配置を変えたことで、ここ数試合に比べて攻撃面で良さが出た
 
9 エイブラハム 6.0
2戦連発となるゴールに加え、PKを誘発。個人としては前線でまずまず良さを出せていた
 
64 アフェナ=ギャン 5.5
ペッレグリーニの3点目に繋がるFKを奪取。18歳の年齢を感じさせない堂々たるプレーをビッグマッチで見せた
 
(→ショムロドフ 5.5)
積極的にプレーに関与する姿勢は見せたが、決定的な仕事はできず
 
監督
モウリーニョ 5.0
システム変更も機能して70分までは良い試合ができたが、そこからの連続失点によって勝ち点1も得ることができなかった。ただ、守備面で効果的な交代カードがなかったことも事実…
 
ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 シュチェスニー 6.5
前回対戦に続く値千金のPKストップ。不運な部分もあって3失点を喫したが、試合終了間際のエイブラハムへの見事な対応など素晴らしい活躍だった
 
DF
11 クアドラード 5.5
3点目のゴールに繋がる良い抜け出しを見せた。試合全体を通してはなかなか良い形で攻撃に出られなかったが、守備の局面では粘り強く対応した
 
4 デ・リフト 5.0
いずれも身体を張った対応でもらった2枚のカードによって退場に。ただ、中盤のフィルターが今一つな状況の中で良いカバーリングを幾度も見せた
 
24 ルガーニ 6.0
1失点目は2人を見る形となりエイブラハムに出し抜かれた。ただ、それ以外の場面では攻守両面せ積極的なプレーをみせ、チームを大いに助けた
 
2 デ・シリオ 6.5
圧巻のフィニッシュで値千金の決勝点を記録。2失点目ではムヒタリアンに寄せ切れなかったが、試合全体を通しては上々の出来
 
MF
14 マッケニー 6.5
インサイドハーフと左サイドハーフで攻守に奮闘。決定的な仕事はなかったが、豊富な運動量と献身性で勝利に貢献
 
27 ロカテッリ 6.5
反撃の狼煙を上げるゴールを記録。ベンタンクールの低調さによって攻守により多くの仕事を求められた中、中盤を攻守に支えた
 
30 ベンタンクール 4.5
攻守両面でクオリティの低さを露呈。ケアンと共にベンチに下げられた直後の逆転劇が、それを証明する形に
 
(→アルトゥール 6.5)
攻守両面で効果的なプレーを随所にみせ、逆転劇の立役者の一人に
 
FW
10 ディバラ 6.0
圧巻のシュートで1ゴールを記録。ただ、得点以外の部分では守備への貢献度の低さなど、厳しい出来と言わざるを得ない
 
(→キエッリーニ 5.5)
的確なコーチングと身体を張ったプレーで逃げ切りに貢献
 
18 ケアン 4.5
スモーリングら相手守備陣に完全に封じ込まれた。攻守両面で効果的なプレーがほぼなかった
 
(→モラタ 6.5)
自身にゴールはなかったが、2点に関与するゲームチェンジャーの役割を完遂。逃げ切りを図った終盤には身体を張ったキープなどうまく時計を進めた
 
22 キエーザ 5.5
ディバラのゴールをアシストも、前半半ば過ぎに無念の負傷交代…
 
(→クルゼフスキ 6.0)
ワンチャンスを生かして同点ゴールを記録。ディバラとプレーエリアが被る場面も多く、得点以外ではなかなか輝けず
 
監督代行
ランドゥッチ 6.0
アッレグリのベンチ入り禁止を受けてビッグマッチを指揮。劇的逆転勝利に導いた
 
★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
シュチェスニー(ユベントス)
ロカテッリやゲームチェンジャ―となったモラタ、アルトゥールの活躍も光ったが、前回対戦に続き試合の行方を大きく左右するPKストップを見せたローマの元守護神をMOMに選出。前回対戦はヴェレトゥ、今回はペッレグリーニとの駆け引きに勝利した。
 
ローマ 3-4 ユベントス
【ローマ】
エイブラハム(前11)
ムヒタリアン(後3)
ペッレグリーニ(後8)
【ユベントス】
ディバラ(前18)
ロカテッリ(後26)
クルゼフスキ(後29)
デ・シリオ(後32)