セリエA第21節、インテルvsラツィオが9日に行われ、2-1でインテルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 6.0
失点は仕方なし。枠内シュートを的確にセーブした

DF
37 シュクリニアル 6.5
守備面パーフェクト。そして決勝点

6 デ・フライ 5.0
絶好機を外し、失点にも関与

95 バストーニ 7.0
見事なミドルシュートで先制点。そして決勝点をアシスト

MF
2 ダンフリース 6.0
精度の高いクロスを供給。ゴール前のチャンスにも絡んだ

(→ダルミアン -)


23 バレッラ 5.5
立ち上がりに好クロスを送ったが、攻撃面での貢献が一歩足りず

(→ビダル -)

77 ブロゾビッチ 6.0
ゲームを作った

5 ガリアルディーニ 5.5
チャルハノールの代役。攻守に無難だった

14 ペリシッチ 6.0
左サイドからの仕掛けで一定のアクセントを付ける

(→ディ・マルコ -)

FW
7 サンチェス 6.0
好機を幾つか演出し、仕事はこなした

(→ジェコ -)

10 ラウタロ・マルティネス 6.0
ゴールは決めきれなかったが、動き自体は良かった

(→ホアキン・コレア -)

監督
S・インザーギ 6.0
古巣相手にリベンジ。好機の数は圧倒的だった

ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ストラコシャ 6.0
2失点もラウタロやダンフリースのゴール至近距離からのシュートを好セーブ

DF
23 ヒサイ 5.5
ペリシッチの対応に集中

(→ラッツァーリ -)

3 ルイス・フェリペ 6.0
彼自身は堅い守備を見せていた

26 ラドゥ 5.5
劣勢の中、よく耐えてはいた

77 マルシッチ 5.5
攻撃参加はせずダンフリースに対応

MF
21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.5
もっとボールに絡みたいところだった

32 カタルディ 5.5
ボールを落ち着かせられず、試合をコントロールしきれなかった

(→ルーカス・レイバ -)

88 バシッチ 5.5
守備に追われた印象

(→ルイス・アルベルト -)

FW
7 フェリペ・アンデルソン 5.0
ほとんどボールに絡めなかった

(→ザッカーニ 5.0)
攻撃面で働けず

17 インモービレ 6.0
ワンチャンスを生かしてゴール

9 ペドロ 5.0
1度好機があったが、それ以外は目立たず

監督
サッリ 5.5
大半の時間帯で守勢に回った。妥当な敗戦

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
バストーニ(インテル)
質の高い攻撃参加を続け、1ゴール1アシストの活躍。攻撃面での成長が著しい。

インテル 2-1 ラツィオ
【インテル】
バストーニ(前30)
シュクリニアル(後22)
【ラツィオ】
インモービレ(前37)