ジュビロ磐田は10日、2022シーズンの新体制と背番号を発表した。

2021シーズンは明治安田生命J2リーグを戦っていた磐田。開幕2連敗と嫌なスタートとなったが、チームは徐々に調子を取り戻す。シーズン途中には、8連勝を記録。また、7月17日の第23節でモンテディオ山形に敗れて以降は無敗でリーグ戦を終え、見事に優勝してJ1復帰を果たした。

その新シーズン、チームは鈴木政一監督が退任し、ヴァンフォーレ甲府を率いていた伊藤彰監督を招へい。新体制で3シーズンぶりのJ1を戦うことになる。

新シーズンに向けては、伊藤監督がユース時代に育てた大宮アルディージャからMF黒川淳史や横浜FCのFWジャーメイン良、磐田の下部組織で育ったDF袴田裕太郎を完全移籍で獲得。また、横浜F・マリノスのGK梶川裕嗣も完全移籍で獲得した他、浦和レッズからFW杉本健勇を期限付きで獲得した。

さらに、助っ人として東京五輪メンバーでもあるブラジル人DFリカルド・グラッサ、中盤にはMFドゥドゥを補強。その他、MF遠藤保仁、MF金子翔太、DF伊藤槙人を期限付きから完全移籍へと切り替えることとなった。

背番号は黒川が「32」、ジャーメイン良が「18」、袴田が「26」、梶川が「24」を着用。ベガルタ仙台への期限付き移籍から復帰したMF上原力也は「7」、杉本は「9」、リカルド・グラッサは「36」、ドゥドゥは「33」をつけることとなった。

その他、FW大津祐樹が「4」から「11」に変更。GK三浦龍輝が「36」から「21」、DF山本義道が「38」から「2」に変更となっている。

◆選手背番号一覧
GK
1.八田直樹
21.三浦龍輝※背番号変更「36」
24.梶川裕嗣←横浜F・マリノス/完全
37.アレクセイ・コシェレフ

DF
2.山本義道※背番号変更「38」
3.大井健太郎
5.小川大貴
6.伊藤槙人←横浜F・マリノス/期限付き→完全
25.森岡陸
26.袴田裕太郎←横浜FC/完全
36.リカルド・グラッサ←ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)/完全
39.高野遼

MF
7.上原力也←ベガルタ仙台/復帰
8.大森晃太郎
10.山田大記
14.松本昌也
17.鈴木雄斗
23.山本康裕
28.鹿沼直生
30.清田奈央弥
31.古川陽介←静岡学園高校/新加入
32.黒川淳史←大宮アルディージャ/完全
33.ドゥドゥ←ヴィラ・ノヴァ(ブラジル)/完全
38.藤原健介←ジュビロ磐田U-18/昇格
40.金子翔太←清水エスパルス/期限付き→完全
50.遠藤保仁←ガンバ大阪/期限付き→完全

FW
9.杉本健勇←浦和レッズ/期限付き
11.大津祐樹※背番号変更「4」
18.ジャーメイン良←横浜FC/完全
27.吉長真優
29.ファビアン・ゴンザレス

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら