元日本代表MF中村憲剛氏が母校のテクニカルアドバイザー就任にあたり、意気込みを語った。

中央大学は今季、坪井湧也 (ヴィッセル神戸)、髙岸憲伸 (水戸ホーリーホック)、新井秀明 (福島ユナイテッドFC)、堀脩大 (カターレ富山)という、4人のJリーグ内定者を輩出した。

また、これまで指揮を執っていた佐藤健監督に代わり、FC東京、大分トリニータ、ベガルタ仙台、FC岐阜でプレーした宮沢正史氏(43)が新監督に就任。佐藤氏は総監督という立場になるという。加えて、テクニカルアドバイザーに同校出身の中村氏も就任した。

就任にあたり中村氏は、自身のインスタグラムでメッセージを投稿。過去に撮影した宮沢氏との写真とともに、意気込みと期待感を感じさせるコメントを残している。

「今シーズン、中央大学サッカー部のテクニカルアドバイザーを務めさせていただくことになりました」

「この写真を撮ったのは確か2018年だったと思いますが、まさか約3年後にこのような形で再会するとは思いもしませんでした。新監督に就任された2学年上の大先輩である宮沢さんを可能な限りサポートしたいと思います」

「楽しみです‼」



7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら