AC長野パルセイロは11日、ファジアーノ岡山からFW山本大貴(30)の完全移籍加入を発表した。

山本は駒沢大学出身のストライカーで、ベガルタ仙台でプロ入り。以後、松本山雅FCでもプレーして、2019年8月から岡山にレンタル加入した。

2020年からは完全移籍に切り替わり、昨季は明治安田生命J2リーグ26試合出場で2ゴールをマーク。しかし、同年限りで契約満了となった。

J3リーグの長野入りが決定した山本は両クラブを通じてコメントしている。

◆AC長野パルセイロ
「ファジアーノ岡山より移籍しました山本大貴です。Uスタジアムで皆さんと一緒に闘い、昇格に向けて常に努力していきたいと思います」

◆ファジアーノ岡山
「このたびAC長野パルセイロに移籍することになりました。熱い声援と、コロナ禍での手拍子での応援はとても心強かったです。岡山で出会えた皆さんと200試合を迎えられて嬉しかったです。2年半、ありがとうございました」

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら