ラ・リーガの日本語版公式ツイッターが元日本代表MF乾貴士の初ゴールを特集した。

乾は2015年夏にドイツのフランクフルトからエイバルに加入。2018-19シーズンこそレアル・ベティスとアラベスでプレーしたものの、ラ・リーガのキャリア6シーズンのうち5シーズンをエイバルで過ごした。

そのエイバルでは公式戦153試合に出場して14ゴール16アシストを記録したが、今から6年前の2016年1月10日に行われたエスパニョール戦で、待望のリーグ戦初ゴールを決めていた。

ラ・リーガの日本語版公式ツイッターが「なんというゴラッソ!」と綴って伝えた乾の初ゴールは、特徴を遺憾なく発揮したもの。敵陣左サイドでボールを受けた乾は、そのまま斜めに仕掛けると、ボックス端でカットイン。簡単にシュートコースを作ると右足を振り抜き、コントロールシュートをゴール右のサイドネットに突き刺していた。

乾は昨夏にエイバルからセレッソ大阪へと復帰。シーズン終盤は右ヒザの負傷で離脱したものの、それまでは貴重な戦力として活躍していた。Jリーグ復帰2シーズン目となる今季のさらなる活躍にも期待がかかる。