大ケガからの復帰が間近に迫っているナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンだが、ツイッターでの過剰な発言が物議を醸しているようだ。

11月に左頬骨と眼窩底骨折の大ケガを負ったオシムヘン。当初は3カ月の離脱と見られていたが、驚異的な回復を遂げ、現在行われているアフリカ・ネーションズカップのメンバーに選ばれるまでに至っていた。

ところが、年末に新型コロナウイルスに感染。代表メンバーからの辞退を余儀なくされ、大きな失望を味わうことになった。一方でナポリでの復帰が間近となり、その失望を晴らすチャンスを迎える矢先、SNSでマイナスな発言が注目されることになった。

あるユベントスサポーターの自身を揶揄するツイートを引用し、「お前の親父は、お前のような尻の穴を生むために精子を無駄にしたんだ(笑)」とコメント。現在、ユベントスサポーターの当該ツイートは削除され確認することはできないが、どれほどの内容であれ、このオシムヘンの発言は看過できないという意見が溢れている。

ツイッターの積極的な投稿がファンから親しまれているオシムヘンだが、今回のような過激な発言は誰も望んでいないだろう。