ミランのイングランド代表DFフィカヨ・トモリが近日中に左ヒザの手術を受けるようだ。イタリア『スカイ』など複数メディアが報じている。

トモリは13日に行われたコッパ・イタリア5回戦のジェノア戦に先発出場したが、プレー中に左ヒザを負傷。24分にフロレンツィとの交代を余儀なくされた。

『スカイ』によれば、試合後の検査でトモリは左ヒザ内側半月板の損傷と診断されたようで、数日中に手術を受けること。なお、離脱期間は1カ月程度になると伝えている。

デンマーク代表DFシモン・ケアーの負傷離脱により、新ディフェンスリーダーとして重要な働きを担っていたトモリは、今季ここまで公式戦23試合に出場。身体能力の高さを生かした守備範囲の広さ、堅実なディフェンスで首位インテルを追走するミランを後方から支えていた。

今後、ユベントスやインテルら上位陣との戦いが控えているミランにとって、トモリの離脱は大幅な戦力ダウンとなりそうだ。