リバプールのユルゲン・クロップ監督が、日本代表MF南野拓実を称賛した。クラブ公式サイトが伝えた。

リバプールは16日、プレミアリーグ第22節でブレントフォードをホームに迎えた。

アフリカ・ネーションズカップ(AFCON)により、エジプト代表FWモハメド・サラー、セネガル代表FWサディオ・マネという2人の強力なアタッカーを欠いているリバプール。しかし、ブレンフォードを全く寄せ付けなかった。

前半は少し苦しんだ中、44分にファビーニョのゴールで先制すると、69分にはアレックス・オックスレイド=チェンバレンのゴールで追加点を奪う。

すると74分に南野はそのオックスレイド=チェンバレンと交代で出場。迎えた77分、突然チャンスが訪れる。相手ゴールキックの場面、後方からビルドアップしようとしたブレントフォードだったが、投入されたばかりの南野が激しいチェイス。GKに一度戻してボールを繋ごうとするが、今度はロベルト・フィルミノがパスの受け手へとチェイスしボール奪取。これを南野に繋ぐと、細かい2人のパス交換から最後は南野が蹴り込み追加点を奪った。

この試合は南野の27回目のバースデーに行われており、貴重なバースデーゴールを奪い、チームは3-0で勝利した。

13日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)の準決勝のアーセナル戦では、大きな決定機でミスをしていた南野。それもあったからか、バースデーということもありチームメイトが大きく祝福してくれたが、クロップ監督も南野のバースデーゴールを祝福した。

「今日は、全言語によるバースデーソングに始まり、本当に素敵な時間だった。だから、タキは試合前の既に素敵な曲により、ブーストがかかっていたことは明らかだ」

「その一方で、出場してからあれだけ試合に参加し、この素晴らしいゴールを決めたということは、彼にとっても我々にとっても、絶対的な助けとなった。とても重要だったよ」

「私が言ったように、タキは素晴らしい状態にあり、それが助けとなった」

ケガからやっと復帰し、プレー機会を得ている南野。この試合へ臨むまでのリズムも良かったとした。

「少し前のことだ。もちろん、ケガはリズムや全てのものを止めてしまう。彼は今、最後の試合で90分をプレーし、今日は出場した。そのリズムは、彼に合っていたのだろう」

「木曜日から日曜日、ケガから戻った後は簡単ではないので、今日はスタートではなかった。それが良かった。私が言ってきたように、彼は良い状態だ」