フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が3試合ぶりのゴールを決めた。

フランクフルトは16日、ブンデスリーガ第19節でアウグスブルクとアウェイで対戦。鎌田とMF長谷部誠はフル出場した。

2シャドーの一角でスタートした鎌田は、22分に最初のチャンスをものにする。相手のミスでショートカウンターに転じた流れから、FWラファエル・ボレのラストパスを受けた鎌田がボックス中央に侵入。相手GKに触れられる直前に右足のタッチでかわし、そのままゴールに流し込んだ。

鎌田の技術が詰まったゴールにはファンも反応。「どうやって浮かした」、「これ無茶苦茶難しいシュートやぞ」、「よくあの体勢で打てるよな」、「浮かして交わしてからのシュートまでのタイミングが絶妙」、「かわし方がヤバい」、「すごいシュート」と驚きの声を寄せた。

その後アウグスブルクに追いつかれたフランクフルト。鎌田はゴールやアシストに近づく場面もあったが、結局試合は1-1で終了している。



7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら