セルティックの日本代表FW前田大然が自身のゴールパフォーマンスを説明した。

セルティックは17日、スコティッシュ・プレミアシップ第21節でハイバーニアンと対戦。FW古橋亨梧は負傷欠場も、冬の新加入組である前田、MF旗手怜央がスタメン、MF井手口陽介が途中出場でデビューを飾った。

古橋に代わって3トップの中央で先発した前田はわずか4分で結果を残す。相手陣内右サイドでのボール奪取からボックス右に持ち込んだMFトム・ロギッチからの丁寧な折り返しにゴール前で反応。ダイレクトシュートをゴール右隅へ突き刺し、いきなりのゴールを奪った。

デビュー弾の前田は、ゴールパフォーマンスで古巣の横浜F・マリノス時代から行っているアンパンマンのポーズを披露。長女からのリクエストにスコットランドの地でも応えた。

75分までプレーしセルティックの勝利に貢献した前田は、試合後に自身のツイッターを更新。ポーズを取っている自身の写真の投稿を引用する形で、「今夜の応援ありがとうございました!とても嬉しく、もっと貢献したいです」と感謝を綴った後、「日本のアニメです #Anpanman #アンパンマン」とゴールパフォーマンスのイメージを明かしている。

これには現地のセルティックサポーターも「君のためにアニメをみるよ」、「素晴らしいデビュー!!!もっと見るのを楽しみにしています」、「ナイスゴール!」、「それが大好きです!」といった言葉を寄せている。

セルティックでは古橋がゴールを決めた際に作るきのこポーズが話題を呼んでいたが、次はアンパンマンのポーズが流行することになるかもしれない。