セルティックの日本代表FW前田大然のゴールに古巣も反応した。

セルティックは17日、スコティッシュ・プレミアシップ第21節でハイバーニアンと対戦。FW古橋亨梧は負傷欠場も、冬の新加入組である前田、MF旗手怜央がスタメン、MF井手口陽介が途中出場でデビューを飾った。

その前田は開始4分、相手陣内右サイドでのボール奪取からボックス右に持ち込んだMFトム・ロギッチからの丁寧な折り返しにゴール前で反応。右足のダイレクトシュートをゴール右隅へ突き刺し、デビューからわずか4分でいきなりのゴールを奪った。

ゴールを決めた前田は、Jリーグ時代から行っていたアンパンマンのゴールパフォーマンスを実施したが、これには古巣の横浜F・マリノスも反応。クラブの公式ツイッターで、セルティックの投稿を引用しながら「なんと寝ている間に、デビュー戦で #前田大然 選手が #celtic 初ゴール そしてスコットランドでもこのゴールパフォーマンス #それいけダイゼンマン」と綴った。

一方の前田も古巣のツイートに返信。「ゴールパフォーマンス出来ました!#アンパンマン」と報告している。

最高のデビューとなった前田だが、この一戦には大きな注目が集まっていたようだ。