エバートンが新指揮官候補の一人としてファビオ・カンナバーロ氏(48)と会談を行ったようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

先日にラファエル・ベニテス監督を解任したエバートンは、ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督を始め、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督、ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督といった候補と接触したが、いずれも色よい返答を得ることができず。

そのため、後任人事の長期化を覚悟するクラブは、過去にも暫定指揮官を務めたアシスタントコーチのダンカン・ファーガソン氏を再び暫定指揮官に任命している。

そういった中、新たな監督候補として急浮上しているのが、広州FC(前・広州恒大)を退団してからフリーのカンナバーロ氏。

先日にポーランド代表の新指揮官のオファーを断った元イタリア代表DFは、ヨーロッパで自身初の監督業スタートを目指しており、今週に入ってエバートンのクラブ幹部と会談の場を持っていたようだ。

現時点で交渉の進捗状況は不明だが、カンナバーロ氏は先月に指導者としての知見を広げるため、マンチェスター・シティ、トッテナムでジョゼップ・グアルディオラ監督、アントニオ・コンテ監督のトレーニングを見学。プレミアリーグで指揮を執ることへの関心を強めている。

また、同氏の娘はロンドンに住んでおり、そういった家族の事情を考慮すれば、エバートンでの指揮を受け入れる可能性は十分にありそうだ。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら