ラ・リーガ第22節、アトレティコ・マドリーvsバレンシアが22日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが3-2で逆転勝利した。

スーペル・コパ準決勝でアスレティック・ビルバオ、コパ・デル・レイでレアル・ソシエダと、いずれもバスク勢に敗れて公式戦3試合未勝利と苦しい状況が続くリーグ4位のアトレティコ(勝ち点33)。

公式戦4試合ぶりの白星を目指した今節は、直近の対戦でセビージャと引き分けた9位のバレンシア(勝ち点29)と対戦した。シメオネ監督はこの一戦に向け、先発3人を変更。フェリペ、エクトル・エレーラ、アンヘル・コレアに代えて出場停止明けのホセ・ヒメネス、ルイス・スアレスとレマルを起用した。

共に4バックの可能性もあったが、[3-5-2]の形でスタート。立ち上がりから球際でアグレッシブなプレーを見せるバレンシアの土俵にアトレティコが上がったことで、試合はイエローカード、ファウルが目立つ肉弾戦の様相を呈していく。

中盤での潰し合いによって、互いになかなかフィニッシュまで持ち込めないクローズな状況が続いたが、前半半ばに試合の均衡が破れる。

25分、バレンシアのロングカウンターから右サイドを持ち上がったゴンサロ・ゲデスが逆サイドでフリーのユヌス・ムサにサイドチェンジを通す。ここで2人のDFと対峙したムサは鋭いカットインからボックス内で右足を振り抜くと、このシュートがニア下に決まった。

またしても守備が耐え切れずに先制点を奪われたアトレティコはすぐさま反撃を開始。しかし、相手のハードな守備にリズムを乱されてなかなか狙いとする崩しの形を作れない。

さらに、球際の勝負や判定にナーバスになるホームチームは、らしくない形から2点目まで献上する。44分、自陣ボックス付近でルーズボールを回収されてソレール、ラトに短く繋がれると、やや不運な形からゴール前にこぼれたボールに抜け出したウーゴ・ドゥロにGKオブラクとの一対一を制された。

ホームサポーターによる強烈なブーイングを浴びた中、ロッカールームに下がり、逆転を期して後半に臨んだアトレティコは、レナン・ロージを下げて後半頭からコレアを投入。立ち上がりの48分にはカラスコが良い形からミドルシュートを狙うなど、前半に比べて攻撃に躍動感が出始める。

さらに、57分にはレマル、フェリックスを下げてフェリペ、クーニャを、61分にはヴルサリコを下げてエクトル・エレーラをピッチに送り出し、よりフィジカルに長けたメンバーでゴールをこじ開けにかかる。

すると64分、左CKの場面でキッカーのカラスコが右足インスウィングで鋭いボールをゴール前に入れると、これをタイミング良く飛び込んできたクーニャがワンタッチで流し込み、反撃の狼煙を上げるゴールとした。

この1点で完全に息を吹き返したアトレティコは、キレを取り戻したカラスコを起点にバレンシアを自身深くに押し込めてハーフコートゲームを展開。再三相手ゴールに迫っていくが、守備的な交代策で逃げ切りを図るバレンシアをあと一歩で崩し切れない状況が続く。

そして、試合は残すところ7分が加えられた後半アディショナルタイムのみとなるが、ここから不屈の闘将が率いるチームが大逆転劇を見せる。

まずは91分、相手陣内左のハーフスペースで縦に仕掛けたカラスコが右足アウトにかけて絶妙なクロスを供給。これに飛び込んだスアレスは合わせ切れずも、GKジャウメが前にこぼしたボールをコレアがすかさずゴールネットへ流し込み、土壇場で同点に追いつく。

さらに、直後の93分には高い位置でのパスカットからエレーラ、コレア、クーニャと右サイドで鮮やかにパスが繋がり、ボックス右に持ち込んだクーニャがDFディアカビの股間を抜く絶妙なラストパスを供給。これをファーサイドに走り込んだエルモソが冷静に無人のゴールへ左足ワンタッチで流し込み、劇的過ぎる逆転ゴールを奪った。

そして、今季最高とも言える盛り上がりを見せたワンダ・メトロポリターノの後押しを受け、バレンシアの反撃を凌ぎ切ったアトレティコが、後半アディショナルタイムの2ゴールで勝ち点0から勝ち点3を獲得する会心の逆転勝利で公式戦4試合ぶりの白星を手にした。う