プレミアリーグ第23節、チェルシーvsトッテナムが23日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
 
チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケパ 6.0
難しい対応はケインのヘディングシュートぐらいだったが、EFLカップに続きトッテナムの攻撃を完封した
 
DF
28 アスピリクエタ 6.0
最終ラインと中盤を行き来しながら、攻撃では回数は多くなかったものの、効果的な飛び出しでアクセントに。守備の局面ではメンタル面の駆け引きを含め老獪さが光った
 
2 リュディガー 6.5
4バックでも要所で積極的な攻撃参加を幾度か見せた。試合終盤は的確なクロス対応や対人対応でクリーンシートに貢献
 
6 チアゴ・シウバ 7.0
前回のリーグ戦に続きセットプレーから1ゴール。長短織り交ぜた的確な配球に加え、後ろに重心を置いた後半半ば以降は読みを利かせた潰し、インターセプトが光った
 
31 サール 6.0
左サイドバック起用も3バックの左に近い守備重視のプレー。攻撃面の貢献は少なかったが、守備では周囲のサポートを受けながら集中した対応を90分間継続
 
MF
22 ツィエク 7.5
得意とするトッテナム相手に圧巻のコントロールシュートで決勝点。試合を通して攻撃の起点となり、守備面でのハードワークも素晴らしかった
 
(→サウール -)
 
19 マウント 7.0
2点目をアシスト。インサイドハーフでのプレーとなった中、攻守両面で多くの仕事をこなす。とりわけ、前半はツィエクと共に攻撃の主役に
 
5 ジョルジーニョ 6.5
前半にベルフワインにあっさりと振り切られた場面はあったが、後半は守備面で良いボールリカバリーを見せて盛り返す。繋ぎの局面でも積極的にボールを呼び込んで捌いた
 
(→カンテ 5.5)
試合のクローザー役を完遂
 
8 コバチッチ 6.5
4バックでのプレー、相棒がジョルジーニョということもあり、いつも以上に攻守のバランスを意識。決定的な仕事はなかったが、献身的なプレーで周囲を大いに助けた
 
20 ハドソン=オドイ 6.5
前半は判断ミスも幾度かあったが、先制点のアシストに2点目に繋がるFK奪取と決定的な仕事をこなす。守備でも献身性を示した
 
(→マルコス・アロンソ -)
 
FW
9 ルカク 5.5
前線で身体を張る仕事は見せたが、決定機の場面では相手守備にうまく対応された
 
監督
トゥヘル 6.5
トッテナムの変化にも慌てず、後半の修正で流れを引き寄せて今季4戦全勝に無失点を継続
 
トッテナム採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ロリス 6.0
2失点共にノーチャンス。それ以上に見事なシュートストップや飛び出しでピンチを防ぎ、個人として意地を見せた
 
DF
25 タンガンガ 4.5
前半から対面のハドソン=オドイに苦戦を強いられカードをもらった結果、1失点目の場面では厳しく行けずに起点を作られた
 
(→スキップ 5.5)
劣勢を跳ね返そうと、攻守にアグレッシブにプレーしたが、決定的な仕事には至らず
 
15 ダイアー 6.0
負傷明けの一戦で試合を通してソリッドな守備対応を続けてルカクを封じた。最終ラインでは最も頼りになる存在だった
 
6 ダビンソン・サンチェス 5.0
2失点目の場面では競り負けた。ルカクに対して強さを見せたが、後手を踏む対応も多かった
 
33 ベン・デイビス 5.0
左サイドバックでのプレーとなったが、一列前のセセニョンとの連携の問題などもあり、守勢を強いられ続けた
 
MF
2 ドハーティ 4.5
後半は幾度か良いランニングで決定機に絡みかけたが、守備の強度不足と攻撃面での細かいミスが目立った
 
8 ウィンクス 5.0
前半の入りに良い攻撃参加を見せたが、慣れないシステムでの戦いによって判断面で曖昧な部分が目立った
 
(→ブライアン・ヒル -)
 
5 ホイビュルク 5.5
攻守両面で相手の中盤と互角に戦った。ただ、3バックや3セントラルでの戦いに比べて、バランスを意識するあまり持ち味のアグレッシブさをなかなか出せなかった
 
19 セセニョン 4.5
守備面を中心に懸命にプレーしたが、チェルシーに対してクオリティの部分で質の低さを露呈
 
(→ルーカス・モウラ 5.0)
幾度か得意の仕掛けを見せたが、全体的に周囲と呼吸が合わず。攻撃を活性化できなかった
 
FW
10 ケイン 5.5
ベルフワインと共にほぼ孤立無援の攻撃を懸命に牽引。幻のゴールを含め状態は上がってきた
 
23 ベルフワイン 5.5
レスター戦での活躍に続きスタメン抜擢のこの試合でもキレを感じさせるプレーで存在感を示した
 
監督
コンテ 4.5
各選手のコンディションの問題が影響したかもしれないが、慣れない布陣、メンバー構成で自ら流れを相手に与えてしまった印象。ウィンターブレイク前で無理できる状況だっただけに、フルメンバーでのよりアグレッシブな戦いが見たかった…
 
★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ツィエク(チェルシー)
試合の流れを大きく引き寄せる見事なゴールを決めたモロッコ代表MFをMOMに選出。得点自体も素晴らしかったが、試合を通して良い立ち位置、正確なプレーでチームの攻撃をけん引した。さらに、守備の局面では献身的なプレスバックで幾度もチームを助ける利他的なプレーをみせ、交代時にスタンフォード・ブリッジのホームサポーターから惜しみない拍手を受け取った。
 
チェルシー 2-0 トッテナム
【チェルシー】
ツィエク(後2)
チアゴ・シウバ(後10)