パリ・サンジェルマン(PSG)は23日、リーグ・アン第22節でスタッド・ランスと対戦し4-0で勝利した。

リーグ戦12試合無敗で首位を独走するPSG(勝ち点50)が、3試合勝利のない14位スタッド・ランス(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。

ディ・マリア、イカルディ、ムバッペを並べた3トップで試合に臨んだPSGは、24分にディ・マリアの右CKからダニーロがヘディングシュートを放ったが、これはわずかに枠の上に外れた。

ゴールレスで前半終了濃厚と思われた44分に試合が動く。11のロングパスをボックス中央で収めたイカルディが反転シュートを放つと、相手DFがブロックしたこぼれ球をボックス左に駆け上がったヴェッラッティがダイレクトでゴール左に突き刺した。

1点リードで前半を終えたPSGは、後半開始早々の57にピンチを迎える。カサマのパスをボックス右で受けたエムブクが左足ダイレクトで合わせると、GKケイロル・ナバスの弾いたボールを拾ったロピーがワントラップから右足ボレーで狙ったが、シュートは枠の右上に外れた。

ピンチを凌いだPSGは62分、ディ・マリアの左CKをニアのダニーロが頭で合わせると、相手DFのブロックしたボールをセルヒオ・ラモスがプッシュ。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球を再びセルヒオ・ラモスが押し込み、ゴールネットを揺らした。

直後にディ・マリアを下げてメッシを投入したPSGは、67分にもショートコーナーを受けたメッシがボックス左横からマイナスの折り返しを供給。ボックス内に走りこんだヴェッラッティがダイレクトで合わせると、相手DFにディフレクトしたボールがゴールに突き刺さった。

さらに75分には、ドリブルで左サイドを突破したムバッペのマイナスの折り返しをペナルティーアーク内に走りこんだダニーロがゴール右にダイレクトシュートを突き刺し、4点目。

結局、試合はそのまま4-0でタイムアップ。22本のシュートを放つなどスタッド・ランスを圧倒したPSGが、セルヒオ・ラモスの移籍後初ゴールなどで完勝している。