デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(29)のブレントフォード加入が迫っているようだ。

昨年6月に行われたユーロ2020のフィンランド代表戦で、試合中に卒倒したエリクセン。ピッチ上での迅速な心肺蘇生もあって、無事に一命を取り留めたが、植え込み型除細動器(ICD)を装着したままではプロスポーツは行えないイタリアスポーツの決まりのもと、先月半ばにインテルと契約解除に至った。

その後はユース時代に在籍した古巣オーデンセで個人トレーニング。アヤックスや、スイス3部のFCキアッソでより実戦的なトレーニングも積み、キャリア続行を目指すなか、今月半ばにブレントフォードから今季終了までの短期契約を提示され、プレミアリーグ復帰の可能性が浮上している。

イギリス『スカイ・スポーツ』によると、カタール・ワールドカップ(W杯)出場の夢も明かすエリクセンはブレントフォードとの契約に近づいている様子。ただ、プレーできるか否かの確認段階であり、労働許可を取得する必要もあるという。

心停止の過去があり、ICDを装着していることから、契約の運びは通常の新加入選手よりも複雑なものになるようで、クラブのスポーツ心臓専門医からも許可が必要とのこと。イングランドではICDを装着してのプレーは禁止されていないが、プレミアリーグに登録許可が下れば、史上初のケースとなる。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら