FC東京の日本代表DF長友佑都と妻であるタレントの平愛梨さんの、おにぎりを巡るエピソードが話題となっている。

年明けから練習のために朝早く出発する長友へ、移動中の車でも食べられるようにとおにぎりを用意した平さん。朝方5時にご飯を炊き、作り置いているとのことだ。

ある日、朝の準備時間に余裕があったのか、車ではなく自宅でおにぎりを食した長友は、用意されたおにぎりが夜の残りものだと勘違い。

自分が起床するより前に妻が起きて下準備をしているとは思わなかったようで、平さんも「オーマイガー!私は耳を疑った!」と驚いた模様だ。

だが、平さんは怒るようなことはせず、代わりにおにぎりの脇に作った時間を書いたメモを添付することにしたようだ。

「おはよう!おかか梅おにぎり、本日AM6:10に作りました(笑)ブッハハハハハハ」

すると、さすがに長友も気付いた様子。出発の際には、次のような言葉を平さんにかけたとのことだ。

「朝6時すぎからおにぎりありがとう」

わかりやすい夫の反応に平さんも大笑いだ。「見送った後、大声で笑ったよ、素直かッ」とのコメントを残している。

包容力を見せた平さんにはファンも様々なリアクションを見せた。インターネット上には「私ならイラッとくるところなのに」、「あいりちゃん優しい〜」、「長友さんが面白いのか、あいりちゃんが面白いのか笑」、「作った時間書くの最高」などのコメントが届けられることとなった。

1月27日、2月1日にホームで行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のメンバーにも選出されている長友。代表キャップが100を超えるベテランも、妻の前では形無しだったようだ。



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら