フランクフルトのMF長谷部誠がインスタグラムを更新。春の訪れを告げた。

ブンデスリーガで最も長くプレーする選手である長谷部。今シーズンは出場機会が限られているものの、ブンデスリーガで15試合、ヨーロッパリーグで6試合、DFBポカールで1試合に出場している。

2027年までの5年契約を新たに結び、引退後はコーチングスタッフとしてチームに残ることが決まっている長谷部。この先もフランクフルトに関わっていくこととなるが、引退の時期はクラブと相談して決めることとなっている。

その長谷部が自身のインスタグラムを更新。「春の訪れ」として、切り株に座る自身の姿を投稿した。

さらに、もう1枚の写真には長谷部が契約するプーマのスニーカーが4足。長谷部、そして妻の佐藤ありささんのものに加え、2人の子供の小さなスニーカーも並べられている。

この投稿にはファンが反応。「可愛い!」、「素敵です」、「ご家族でpuma でお揃いのスニカー履いて、ピクニック」、「家族でお揃い最高ですね」、「ファミリーでPUMA」と家族4人色違いでお揃いのスニーカーに羨ましがる声が集まった。



7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら