マルセイユのMFブバカル・カマラ(22)がセネガル代表としてのプレーを決断したようだ。フランス『レキップ』が報じている。

高い身体能力を生かしたボール奪取能力、守備範囲の広さに加え、展開力、ボールを運ぶ能力にも優れるリーグ・アン屈指の守備的MFとしての評価を高めるカマラ。

キャリアのスタートがセンターバックであったこともあり、ディフェンスラインでもプレー可能なユーティリティ性も売りの22歳は、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドら多くのビッグクラブの関心を集めている。

その逸材MFはこれまで生まれ故郷のフランスの世代別代表でプレーしてきたが、現時点ではレ・ブルーからの招集はない。

そういった中、父親の生まれ故郷であるセネガルのサッカー連盟(FSF)は、以前からカマラの招集に向けて動いており、先日のアフリカ・ネーションズカップ優勝後にはアリウ・シセ監督が直接コンタクトを取り、説得を図っていたという。

マルセイユのチームメイトにFWバンバ・ディエング、MFパプ・グイエと同年代ですでにセネガル代表で活躍している2選手が在籍していることもあり、カマラはフランス代表ではなくセネガル代表でプレーする決意をすでに固めた模様。

現時点で確定ではないが、同選手がセネガル代表の一員としてカタール・ワールドカップに出場する可能性は非常に高いようだ。

現在、セネガル代表ではクリスタル・パレスMFシェイク・クヤテやパリ・サンジェルマンMFイドリサ・グイエ、レスターMFナンパリズ・メンディと30代前後の選手が中盤の主力を担っており、ここにカマラが加わると、良い形で世代交代を進めることができるはずだ。