21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2022・グループI第3節の蔚山現代(韓国)vs広州FC(中国)が行われ、3-0で蔚山が勝利した。

ここまで1分け1敗の蔚山と2連敗の広州の一戦。蔚山はMF天野純がメンバー外になるなど、ここまでの2試合とメンバーを入れ替えて臨んだ。

立ち上がりから試合のペースを握ったのは蔚山。しっかりとボールを繋いでポゼッションを高めて攻めていく。

対する広州は2試合で13失点と守備が崩壊。押し込まれる展開の中、[6-4]というブロックを敷いて失点を防ぐ戦いを見せ、カウンター一発でゴールを目指す。

攻め続ける蔚山は20分にビッグチャンス。ユン・イルロクのスルーパスを受けたパク・チュヨンがボックス内でフリーになりシュートもGKがセーブ。こぼれ球をマーク・コスタが頭で押し込むが、GKが再びセーブし得点を許さない。

それでも28分に蔚山はボックス手前のやや離れた位置でFKを獲得。これをコスタが左足で直接狙うと、ゴール左に見事に決まり、蔚山が先制する。

その後も攻め込む蔚山は33分に右サイドからのオ・インピョのクロスをユン・イルロクがボックス内でヘッド。しかし、これは枠を超えていく。

攻めあぐねて前半は1点しか奪えなかった蔚山。ハーフタイムにはキム・ミンジュンに代えて、イ・チョンヨンを入れて活性化を図る。すると53分には大きなサイドチェンジをボックス内左で受けたイ・ミョンジェが折り返すと、コスタがダイレクトで蹴り込むも、これも決まらない。55分には、右サイドを崩しユン・イルロクがボックス内でハーフボレーも枠を捉えられない。

それでも57分、左からのクロスをボックス右でイ・チョンヨンがダイレクトボレーで折り返すと、これをパク・チュヨンがボックス中央でダイレクトボレーで叩き込み、蔚山が追加点を奪う。

さらに68分には左CKを獲得すると、ニアサイドでウォン・ドゥジェがフリックしたボールをユン・イルロクが決めてさらにリードを広げる。

その後も押し込み続ける蔚山だったが、追加点は奪えず。3-0で今大会初勝利を収めた。

蔚山現代 3-0 広州FC
【蔚山】
マーク・コスタ(前28)
パク・チュヨン(後12)
ユン・イルロク(後23)

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら