ミランがチェルシーのベルギー代表FWロメル・ルカク(28)獲得に動く可能性があるようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。

昨季インテルで公式戦44試合に出場して30ゴール10アシストの成績を残し、チームのスクデット獲得に多大な貢献を果たしたルカクは、夏の移籍市場でかつて所属したチェルシーにクラブ史上最高額となる移籍金9750万ポンド(約163億円)で7年ぶりに復帰した。

ルカクに対しては得点源として高い期待がかけられていたが、今季ここまでのプレミアリーグで21試合に出場してわずか5ゴールと、失望のシーズンを送っている。

トーマス・トゥヘル監督からの評価も下落しつつあり、最近ではベンチに座る機会も増加。一方のルカク本人は、この扱いには不満を持っているとされており、今夏に早くもチェルシーを離れる可能性がある。

こうした状況のルカクに対して、ミランが興味を示しているようだ。ミランは現在バーレーンの金融サービス会社である『インベストコープ』がクラブ買収を進めており、取引が完了次第有力選手の補強に向けて動き出す予定という。

ミランは今シーズン、FWズラタン・イブラヒモビッチが度重なるケガで欠場しており、FWオリヴィエ・ジルーもセリエAで24試合に出場して8ゴールと、エース不在に悩まされてきた。

イタリアでの実績十分のルカク獲得に成功すればチーム力を大きく向上させる期待が持てるが、レンタル移籍を望むミランに対してチェルシーは高額な移籍金を要求する可能性が高いため、クラブが具体的に動くかどうかが注目されている。