今夏の去就が注目を集めるノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)だが、スペインのジャーナリストであるギジェム・バラゲ氏はマンチェスター・シティに近いと見ているようだ。イギリス『BBC』が報じた。

ドルトムントのエースとして今季も活躍し、ブンデスリーガでは20試合で18ゴール8アシストを記録しているハーランド。世界屈指のゴールスコアラーとしてその地位を確立している。

ドルトムントとの契約は2024年夏まで残しているが、リリース条項により今夏は7500万ユーロ(約104億2000万円)で移籍が可能となる。

行き先はレアル・マドリーが濃厚と見られていた中、ここ最近はシティへの移籍が近づいていると報道。そんな中、バラゲ氏もシティに移籍するとの見解を示した。

「彼はマンチェスター・シティにいるだろう。私はそう感じる」

「合意はまだないが、非常に近づいていると思う」

マドリーとシティの他にもバルセロナも獲得に興味を示していた中、バルセロナへの移籍の可能性は非常に薄くなった状況だ。

一方で、マドリーはフランス代表FWカリム・ベンゼマが健在。チャンピオンズリーグ(CL)で2試合連続ハットトリックを記録するなど、今季は公式戦40試合で39ゴール13アシストの活躍を見せている状況だ。

バラゲ氏は、ベンゼマの存在がハーランドをシティ移籍に近づけていると見ているようだ。

「ハーランドは、レアル・マドリーとマンチェスター・シティが何を提示しているのか、他のクラブも含めてしばらくの間知っていた。ただ、残っているのはその2クラブだ」

「ここ数週間で何かが起こった。ベンゼマと呼ばれる存在が、ハーランドの心を『2年か3年でマドリーに行けるんだよ』というものに変えてしまったのかもしれない」

「ちなみに、それはシティが彼に出した提案だった。最も魅力的な財政的な提案があっただけでなく、彼らは『君は若い。2、3年、我々と一緒にいてほしい。我々は君を起用するよ。レアル・マドリーはずっとそこに居てくれる』と言ったんだろう」

「ベンゼマがいなければ、ハーランドはマドリーの選手になるだろう。バルセロナやレアル・マドリーの魅力は、マンチェスター・シティが提示できる金額を超えるものがある」

「しかし、シティは自分たちのカードを出してきた。1つは金銭的なもの、もう1つは『ジョゼップ・グアルディオラがいるし、君がくればもう少しいてくれる』というものだ。それはペップも考えていることのはずだ」

いずれにしてもまだ正式な契約は結ばれていない状況。それでも今夏の移籍は既定路線と見られているだけに、どのクラブへと移籍するのか注目が集まる。