前節は首位ミランが7試合ぶりの複数得点でジェノアに勝利、2位インテルがスペツィアを退けて2ポイント差が維持された。一方で3位ナポリはローマに追いつかれ、引き分け決着。ミランとは4ポイント差を付けられている。チャンピオンズリーグ出場権争いでは4位ユベントスがボローニャに辛くもドローに終わり、ローマとの5ポイント差に変動はなかった。残り5試合となって迎える第34節、スクデットを争うミラノ勢がローマ勢と激突する。

まずは土曜開催のインテルvsローマ。2位インテル(勝ち点69/1試合未消化)は前節、途中出場のFWラウタロとFWサンチェス弾で3-1と勝利。そして火曜に行われたコッパ・イタリアではミランを下して決勝進出と良い流れが続いている。この勢いのまま同じく好調を維持するローマを叩いて連覇へ突き進むことはできるか。

一方、前節ナポリとの太陽ダービーを優勢に運んだ中、後半追加タイム弾で追いつく形となった5位ローマ(勝ち点58)。12戦負けなしとした中、ベストメンバーでインテル撃破を狙う。

続いて日曜開催のラツィオvsミラン。7位ラツィオ(勝ち点56)は前節、難敵トリノに1-1のドロー。後半追加タイムのFWインモービレ弾で辛くも追いつく形となった。CL圏内の4位ユベントスとは7ポイント差と厳しいが、首位ミランを叩いて勢いを付けたい。

一方、首位ミラン(勝ち点71)は前節、苦しい試合になりながらもジェノアを退けた。攻撃陣の低調が続いて厳しいが、堅守の守備陣を軸にラツィオを封じ、攻撃陣の奮起に期待したい。

ローマに勝ちきれずスクデットがやや遠のいた3位ナポリ(勝ち点67)は14位エンポリ(勝ち点34)とのホーム戦に臨む。ミラノ勢がローマ勢との対戦ということもあって勝ち点を落とす可能性があるため、ここは必勝としたい。

4位ユベントス(勝ち点63)は月曜に10位サッスオーロ(勝ち点46)とのアウェイ戦を戦う。ユベントスは前節、終盤9人となったボローニャに試合終了間際のFWヴラホビッチ弾で辛くもドロー。勝ち点1を得たと見るか、勝ち点2を失ったと見るか難しいところだが、難敵サッスオーロを下してボローニャ戦の1ポイントを有効なものとしたい。

最後にスタメンを外れているDF吉田の16位サンプドリア(勝ち点29)は9位ヴェローナ(勝ち点48)とのアウェイ戦を戦うが、今節も吉田はベンチスタート予想となっている。

◆セリエA第34節
4/23(土)
《22:00》
ヴェネツィアvsアタランタ
トリノvsスペツィア
《25:00》
インテルvsローマ
《27:45》
ヴェローナvsサンプドリア

4/24(日)
《19:30》
サレルニターナvsフィオレンティーナ
《22:00》
エンポリvsナポリ
ボローニャvsウディネーゼ
《25:00》
ジェノアvsカリアリ
《27:45》
ラツィオvsミラン

4/25(月)
《27:45》
サッスオーロvsユベントス

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら