セリエA第34節、インテルvsローマが23日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが3-1で勝利した。

2位のインテル(勝ち点69)と、5位のローマ(勝ち点58)によるスクデット、トップ4争いにとって重要な上位対決。

直近3連勝を含め7戦無敗のインテルは、直近に行われたコッパ・イタリア準決勝ではスクデットを争う宿敵ミランを相手に、ラウタロ・マルティネスのドッピエッタの活躍などで3-0の圧勝。ユベントスとのファイナル進出を決めた。その勢いに乗って今季公式戦2戦全勝の相手をホームで迎え撃った一戦ではデルビーから先発3人を変更。ダルミアン、バストーニ、ホアキン・コレアに代わってダンフリース、ディマルコ、ジェコを起用した。

一方、ローマは前節にナポリとのデルビー・デル・ソーレを1-1のドローで終えて連勝が「3」でストップも、セリエA無敗を12試合に更新。逆転でのトップ4フィニッシュへ勝ち点3必須の古巣対決に向けてモウリーニョ監督は、ナポリ戦から先発2人を変更。サスペンションのザニオーロ、体調不良のクリスタンテに代えてエル・シャーラウィ、ムヒタリアンを起用した。

かつて史上初のトレブルに導いたレジェンド指揮官モウリーニョへの歓迎ムード一色となった開始前とは一転して、キックオフの笛と共にインテリスタがアウェイチームへ激しい圧力をかけていく。その頼もしい後押しを受けたホームチームは、立ち上がりからボールの主導権を握って押し込んでいく。

ただ、ここに来てポルトガル人指揮官仕込みの堅守が光るローマは、押し込まれながらも要所を締める守備で相手にフィニッシュの機会を与えず、徐々に相手のファーストプレスを剥がして相手陣内に侵攻。サイドを起点にチャンスを窺うが、インテルの堅守を前になかなかフィニッシュまで持ち込めない。

18分にはチャルハノールが得意のミドルシュートでGKルイ・パトリシオを脅かすと、直後にローマもショートカウンターからムヒタリアンの際どいミドルシュートですぐさまやり返し、試合が動きそうな気配を漂わせる。

すると30分、インテルはGKハンダノビッチからのリスタートからディマルコ、ペリシッチ、ラウタロ・マルティネス、ジェコ、チャルハノールと左サイドでの見事なダイレクトのパス交換で局面を打開。前向きな状態で落としを受けたチャルハノールが中央で背後を狙うダンフリースへ絶妙なミドルスルーパスを供給。きっちり動き直してオフサイドラインのザレフスキの背後から飛び出したダンフリースがボックス内でのGKとの一対一を制し、均衡を破る先制点を奪った。

ホームで先制に成功したインテルはここで落ち着くことなく攻守のギアを上げて畳みかける攻めを見せる。そして、40分にはディマルコからの絶妙なフィードに抜け出したペリシッチがボックス左へ走り込むブロゾビッチに繋ぐと、クロアチア代表MFはボックス左でカットインを仕掛けてDFマンチーニを剥がしてゴール右上隅の完璧なコースに右足のシュートを突き刺し、2試合連続ゴールとした。

さらに、以降も的確なダイレクトプレー、相手の背後を狙う動きでローマ守備を揺さぶり続けるホームチームは、ザレフスキとのフィジカルのミスマッチで優位性を保てるダンフリースを起点に3点目にも迫るが、2-0のスコアのまま試合を折り返すことになった。

後半はローマがアグレッシブな入りを見せ、幾つか際どいシーンを作り出したが、堅い守備でこれを撥ね返したインテルが早い時間帯に3点目を奪う。52分、右CKの場面でキッカーのチャルハノールが右足アウトスウィングの正確なボールを入れると、ゴール前でフリーとなったラウタロが渾身のヘディングシュートで合わせ、公式戦3試合連続ゴールとした。

リーグ前回対戦に続いて3-0と大きく点差を付けたインテルは、以降はより攻守のバランスを意識しながら危なげなく時計を進めていく。さらに、63分にはジェコ、ディマルコを下げてコレア、バストーニ。72分にはペリシッチ、ブロゾビッチのクロアチア代表コンビを下げてゴセンス、ガリアルディーニを同時投入。フレッシュな選手の投入でプレー強度を維持する。

一方、敗色濃厚のローマは64分、ペッレグリーニとエル・シャーラウィの2シャドーを下げてヴェレトゥ、カルレス・ペレスを投入。週明けに控えるヨーロッパ・カンファレンスリーグ準決勝1stレグ、レスター・シティ戦を睨んだ割り切った采配を見せる。今季ここまでの対戦で無得点ということもあり、何とか一矢報いるゴールがほしいところだが、アタッキングサードまでボールを運んでも最後の精度が低く、GKハンダノビッチを脅かすこともできない。これを受け、75分過ぎには主砲エイブラハムをベンチに引っ込めて白旗宣言に近い対応を見せた。

しかし、結果的には一連の交代策がアウェイチームにゴールをもたらすことに。85分、中央突破したカルスドルプからボックス左に走り込むショムロドフにパスが繋がると、ウズベキスタン代表FWはゴールライン際でタメを作って角度を付けたマイナスのパス。これをカルスドルプが冷静にスルー、背後にフリーで走り込んできたムヒタリアンが強烈な右足のシュートをゴール右隅へ突き刺した。

このゴールによって息を吹き返したローマは、試合終盤に入ってようやくインテルを押し込むことに成功したが、気を引き締め直したホームチ―ムの集中した守備を再びこじ開けることはできず。この結果、難敵ローマに13戦ぶりの黒星を与えたインテルがリーグ4連勝を飾り、暫定首位に浮上。翌日にラツィオ戦を控えるミランに大きなプレッシャーを与えた。