セリエA第34節、インテルvsローマが23日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 5.5
1失点も責任なし。被枠内シュートはほぼなかったが、的確なポジショニングやコーチングで守備陣を締めた

DF
37 シュクリニアル 6.5
チームは1失点を喫したが、試合を通して強度の高いプレーでエイブラハムら相手攻撃陣を完璧に封じた。ビルドアップの局面でも正確だった

6 デ・フライ 6.0
シュクリニアルと共にエイブラハムに危なげなく対応。攻守両面で安定したパフォーマンスだった

32 ディマルコ 6.5
守備ではやや軽い対応もあったが、前半の2ゴールの起点となるなど、持ち味の正確な左足のキックが攻撃の出発点に

(→バストーニ 5.5)
失点場面ではカルスドルプに対してやや中途半端な対応となったが、見事なシュートブロックで決定機を阻止するなどきっちり持ち直した

MF
2 ダンフリース 6.5
見事な抜け出しから先制点を奪取。後半はやや疲れも出たが、前半はザレフスキとのマッチアップで優位に立って攻撃の起点に

23 バレッラ 6.5
目に見える結果を残せなかったが、豊富な運動量と献身性を武器に攻守に効果的なプレーを90分間継続。中盤のバトルで間違いなく優位性をもたらした

77 ブロゾビッチ 7.0
圧巻の個人技で貴重な追加点を奪取。相手のプレスを無効化する巧みな配球、ボールの引き出しに加え、守備でも良く戦った

(→ガリアルディーニ 5.0)
失点場面ではムヒタリアンを一度は視認も警戒を怠ってドフリーにした。途中で入った選手としては許されない軽率な対応だった

20 チャルハノール 7.5
2ゴールをアシスト。とりわけ、1点目のスルーパスはタイミング、精度共にパーフェクトだった

14 ペリシッチ 6.5
2点目をアシスト。効果的なランニング、ダイレクトプレーで前半は崩しの起点として機能した

(→ゴセンス 5.5)
直近のミラン戦でのゴールで重圧から解き放たれたか、躍動感のあるプレーを見せた

FW
9 ジェコ 5.5
古巣相手の3戦連発を逃したが、的確なポストワークで1点目の起点となるなど、まずまずのパフォーマンス

(→ホアキン・コレア 5.5)
幾度か鋭い仕掛けを見せるなど、攻守に及第点の出来

10 ラウタロ・マルティネス 6.5
ダメ押しのヘディングシュートを決めて公式戦3試合連続ゴール。プレー全体にキレを感じさせ、相手守備の脅威となった

(→サンチェス -)

監督
シモーネ・インザーギ 6.5
今季対ローマ相手に3戦全勝。試合内容も勝者に相応しいパフォーマンスだった

ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ルイ・パトリシオ 5.5
3失点はいずれもノーチャンス。チャルハノールのミドルシュートやラウタロの決定機を冷静に阻止した

DF
23 マンチーニ 5.0
不必要な抗議でイエローカードをもらって自ら足かせをはめることに。2失点目では簡単に剥がされた。また、1失点目直前のヘディングは決めたかった

6 スモーリング 5.5
チームは3失点も個人としてはここ数試合と同様に安定したプレーを見せた

3 イバニェス 5.5
チャレンジの意識は見受けられたが、攻守に雑なプレーも散見

MF
2 カルスドルプ 5.5
絶妙なスルーで一矢報いるゴールをお膳立て。ただ、前半は守備で相手のコンビネーションに難しい対応を強いられ、攻撃では深い位置を取った後の判断面で粗さが出た

77 ムヒタリアン 6.0
クリスタンテ不在に伴い、前半はより攻守のバランスを意識。ポジションを上げた後半半ば以降は攻撃の起点を担い、一矢報いる1ゴールを決めた

27 セルジオ・オリベイラ 5.0
疲労によるコンディションの問題か、相手の強度の高い守備に苦戦。不用意なロストや個マイアミスが目立った

(→ボーヴェ -)

59 ザレフスキ 5.0
攻撃や繋ぎの部分では良さも出せたが、ダンフリース相手のマッチアップではスピード、フィジカル勝負で劣勢に

(→ビーニャ 5.5)
攻守に無難なパフォーマンス

FW
7 ペッレグリーニ 5.5
カピターノとして戦う姿勢をみせ、攻守に良いプレーもあったが、全体的に身体の重さが見受けられた

(→ヴェレトゥ 5.5)
スタメン起用も噂されたが、途中出場に。序列を引っくり返すほどのアピールは見せられず

9 エイブラハム 5.0
前線で孤立する場面が多く決定的な仕事はできず。周囲を鼓舞するエースとしての気概は見せたが、決定的な仕事はできず

(→ショムロドフ 6.0)
ゴールをアシスト。試合の大勢が決していた中、個人として意地は見せた

92 エル・シャーラウィ 5.0
スタメンに抜擢も攻撃面でなかなか違いを生みだせなかった

(→カルレス・ペレス 5.5)
仕掛ける姿勢やゴール前に顔を出すまでは持っていたが、最後の壁を越えられず

監督
モウリーニョ 5.0
古巣相手にまたしても完敗。試合展開を受け、後半半ば以降は週明けのレスター戦を意識した割り切った采配を振るった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
チャルハノール(インテル)
チームを勝利に導く2アシストを記録。その決定的な仕事だけでなく中盤で攻守にハードワークをこなし、攻撃では的確なボール捌きや局面を進めるプレー、守備ではバレッラと共に切り替えの部分でもきっちり戦い難敵相手の勝利に大きく貢献した。

インテル 3-1 ローマ
【インテル】
ダンフリース(前30)
ブロゾビッチ(前40)
ラウタロ・マルティネス(後7)
【ローマ】
ムヒタリアン(後40)