バイエルンのドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、10連覇達成を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。

バイエルンは23日、ブンデスリーガ第31節でドルトムントと対戦した。

勝利すればブンデスリーガ10連覇が決定する2位のドルトムントとの“デア・クラシカー”。試合は15分にセルジ・ニャブリが先制点を奪うと、34分にはロベルト・レヴァンドフスキが追加点を挙げる。

前半で2点のリードを奪ったが、52分にPKを与えると、エムレ・ジャンが冷静に決めて1点差に。しかし、83分にジャマル・ミュージアラが追加点。3-1で勝利を収め、見事に10連覇を達成した。

自身にとって11度目のマイスターシャーレ獲得となったミュラー。色々なことを言われながらも、しっかりと優勝できたことを心から喜んだ。

「みんなで今日それを手にすることができるチャンスがあり、僕たちは本当にそれが欲しかった」

「僕たちは全てのプレッシャーに耐えてきた。外部から何を言われても、リーグがどう評価されてもだ。いつも、最初にやらなければいけないことだ」

「もちろん、素晴らしいチーム、素晴らしい選手がいるけど、まずはピッチに立たなければいけない。ドイツのチャンピオンになることは常に最高だ」

「ブンデスリーガはファンがスタジアムに来る目的だ。今日は全てが素晴らしい。僕たちはそれを成し遂げようと試み、そして上手くいった」



ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら