ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズは24日、ジュピラー・プロ・リーグ・プレーオフ1の第1節でアンデルレヒトと対戦し3-1で勝利した。サン=ジロワーズのMF三笘薫は87分までプレーし52分に今季6点目を記録、DF町田浩樹はフル出場している。

レギュラーシーズンを首位通過したサン=ジロワーズ(勝ち点39)が、4位で通過したアントワープ(勝ち点32)をホームに迎えた一戦。

三笘と町田が先発出場した試合は、サン=ジロワーズが開始早々に先制する。2分、中盤右サイドで獲得したFKから素早くリスタートすると抜け出したバンゼイルの右クロスを走りこんだウンダフがシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をニューコープが押し込んだ。

幸先良く先制したサン=ジロワーズは、12分にも中盤でのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ウンダフのラストパスをボックス中央右に抜け出したバンゼイルが飛び出したGKの寸前で絶妙なチップキックを流し込んだ。

リードを広げたサン=ジロワーズだったが、21分にアンデルレヒトに決定機を創られる。相手のデザインされたセットプレーの流れからボックス右深くに抜け出したヴェルスハーレンにクロスを許すと、ザークツィーがシュート。GKモリスの弾いたボールはそのまま枠へ向かったが、これはカバーに戻っていたベーガーがゴールライン手前で掻き出した。

好守でピンチを凌いだホームチームだったが26分、ザークツィーのスルーパスでボックス右に抜け出したクアメにGKとDFが引きつけられると、折り返しを走りこんだカレンに流し込まれた。

1点を返されたサン=ジロワーズは、37分にも左CKからクアメにヘディンシュートを許すと、GKの弾いたボールをザークツィーに詰められたが、これはGKモリスのファインセーブで難を逃れた。

2-1で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはサン=ジロワーズだった。52分、右サイドを抜け出したバンゼイルがダイレクトクロスを入れると、ゴールエリア右横でボールキープしたウンダフの折り返しを逆サイドから走りこんだ三笘がゴールに流し込んだ。

その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、最後まで追加点は生まれず。三笘の今季6点目などでアンデルレヒトを下したサン=ジロワーズが、プレーオフ初戦を白星で飾った。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら