リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーが皮肉を込めた。

リバプールは24日、プレミアリーグ第34節でエバートンと対戦。アンフィールドでのマージーサイド・ダービーに臨んだ。

マンチェスター・シティと優勝を争うリバプールと降格圏間際のエバートンという対照的なチームの戦いになるが、試合はリバプールがボールを保持するも、エバートンが決定機を作られないという展開に。エバートンはワンプレーに時間をかけながら時計を進めるなど相手を焦らす割り切った戦い方を見せた。

その極め付きが前半アディショナルタイムのプレー。エバートンのGKジョーダン・ピックフォードがクロスボールを処理すると、わざわざ地面に倒れ込む。さらに、悪びれることなく笑顔とウインクまで披露し、リバプールのサポーターたちからはブーイングが向けられることになった。

試合はその後、後半にメンバーを替えてシステムを変更したリバプールが62分のDFアンドリュー・ロバートソンのゴールで均衡を破り、85分にはFWディボク・オリジの追加点で勝利を決定づけた。

そして迎えた後半アディショナルタイムにアリソンの皮肉が炸裂する。エバートンのFWリシャルリソンのシュートを難なくキャッチすると、アリソンはその場に倒れ込む。時間にして2秒程度であったが、明らかにピックフォードを意識した煽りに、アンフィールドの観客は湧き上がった。

この行いは、SNS上でも大きな反響を呼び、「アリソン最高だ」、「良くやった」、「このオチは最高だな」、「いい煽りだ」、「最高の皮肉」、「真顔でやるところがいいな」といった声が集まっている。