Jリーグは26日、2022シーズンのホームグロウン選手に関して、各クラブの登録人数を発表した。ルールを遵守していないチームもあり、2023シーズン以降に処分が下される。

ホームグロウン制度は、2030フットボールビジョンに向けて各クラブが選手育成にコミットし、アカデミーの現場を変えていくことを目的に2019シーズンより導入したものだ。

2021シーズンまではJ1のみに採用されていたが、2022シーズンからはJ1で4名、J2とJ3で1名の登録が義務として定められていた。

ホームグロウン選手の定義は、「12歳の誕生日を迎える年度から21歳の誕生日を迎える年度までの期間において、特定のJクラブの第1種、第2種、第3種又は第4種チームに登録された期間の合計日数が990日(Jリーグの3シーズンに相当する期間)以上である選手」とのこと。つまり、ユースはジュニアユース、ジュニアなどのJリーグクラブの下部組織に3年以上所属している選手を指し、2種登録や特別指定選手は含まれない。

4月1日時点で登録されたホームグロウン選手数は、J1からJ3まで合わせて266名。J1で最も多いのは柏レイソルとサンフレッチェ広島の15人、次いでFC東京の12人、J2では東京ヴェルディが12人で最多で大宮アルディージャが10人で次点、J3では松本山雅FCと愛媛FCの5人が最多となっている。

2022シーズンで不遵守となったのは、J2のいわてグルージャ盛岡とザスパクサツ群馬、J3の福島ユナイテッドFC、SC相模原、藤枝MYFC、テゲバジャーロ宮崎の合計6クラブ。いずれも1人もホームグロウン選手がいない状況となった。

この6チームに関しては、Jリーグの登録人数である25名の枠が1つ削減され、2023シーズンは24名の登録となる。

◆J1合計:157人
北海道コンサドーレ札幌:10人
鹿島アントラーズ:10人
浦和レッズ:5人
柏レイソル:15人
FC東京:12人
川崎フロンターレ:7人
横浜F・マリノス:7人
湘南ベルマーレ:7人
清水エスパルス:10人
ジュビロ磐田:11人
名古屋グランパス:6人
京都サンガF.C.:7人
ガンバ大阪:7人
セレッソ大阪:9人
ヴィッセル神戸:8人
サンフレッチェ広島:15人
アビスパ福岡:7人
サガン鳥栖:4人

◆J2合計:77人
いわてグルージャ盛岡:0人
ベガルタ仙台:2人
ブラウブリッツ秋田:2人
モンテディオ山形:3人
水戸ホーリーホック:1人
栃木SC:4人
ザスパクサツ群馬:0人
大宮アルディージャ:10人
ジェフユナイテッド千葉:5人
東京ヴェルディ:12人
FC町田ゼルビア:1人
横浜FC:5人
ヴァンフォーレ甲府:2人
アルビレックス新潟:7人
ツエーゲン金沢:2人
ファジアーノ岡山:2人
レノファ山口FC:1人
徳島ヴォルティス:6人
V・ファーレン長崎:2人
ロアッソ熊本:4人
大分トリニータ:5人
FC琉球:1人

◆J3合計:32人
ヴァンラーレ八戸:1人
福島ユナイテッドFC:0人
いわきFC:1人
Y.S.C.C.横浜:3人
SC相模原:0人
松本山雅FC:5人
AC長野パルセイロ:2人
カターレ富山:1人
藤枝MYFC:0人
アスルクラロ沼津:2人
FC岐阜:2人
ガイナーレ鳥取:2人
カマタマーレ讃岐:3人
愛媛FC:5人
FC今治:2人
ギラヴァンツ北九州:2人
テゲバジャーロ宮崎:0人
鹿児島ユナイテッドFC:1人

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら