チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、リバプールvsビジャレアルが、日本時間27日28:00にアンフィールドでキックオフされる。シーズン4冠へまい進する本命レッズと、カップ戦マイスターの下で進撃見せるイエローサブマリンによる、ファイナル進出を懸けた重要な初戦だ。

2018-19シーズン以来、通算7度目のビッグイヤー獲得を目指すリバプールは準々決勝でベンフィカを2戦合計6-4で破った。敵地での1stレグを元ポルトのエースFWルイス・ディアスの1ゴール1アシストの活躍などで3-1のスコアで制すると、ホームでの2ndレグはDFコナテの2戦連続ゴールに、FWフィルミノの2ゴールで3-3のドローで終え、順当に4強入りを決めた。

また、すでにEFLカップを制したクロップ率いるチームは、FAカップ準決勝でマンチェスター・シティを破り、ファイナル進出。プレミアリーグでは、そのシティと1ポイント差の2位を維持して残り4試合の重要な戦いに臨む状況だ。ベンフィカ戦後の公式戦では前述のシティ戦の勝利に加え、リーグ戦ではマンチェスター・ユナイテッド(4-0)、エバートン(2-0)という宿敵相手に2試合連続の複数得点、無失点と完璧な内容で勝ち切り、好調を維持して今回の初戦を迎えている。

一方、昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に続きクラブ史上初のCL制覇を狙うビジャレアルは、準々決勝でバイエルンを2戦合計2-1で撃破。MFリケルメやFWフォルラン、MFマルコス・セナらを擁した2005-06シーズン以来の準決勝進出を決めた。

大本命のバイエルン相手に2試合を通じて守勢を強いられたが、カップ戦の勝ち方を知り抜くエメリ監督の下、攻守両面で一体感を見せたチームは、ホームでの初戦をFWダンジュマのゴールで1-0と先勝すると、敵地での2ndレグでは90分間で勝ち切ろうとした相手の一瞬の隙を見逃さず、試合終盤にFWチュクウェゼが決めた値千金の同点ゴールによって1-1のドローに持ち込んでジャイアントキリングを完遂させた。

ラ・リーガでは好不調の波が激しくトップ4圏内と9ポイント差の7位に甘んじており、現状の目標は6位以内に入っての来季EL出場権獲得。6位のレアル・ソシエダとの勝ち点差は3ポイントと十分に逆転は可能だ。直近ではヘタフェ、バレンシア相手に2連勝を飾り、先週末はコパ・デル・レイ決勝開催に伴い、試合がなかったため、中7日と休養十分で敵地へ乗り込む形となった。

両チームは2015-16シーズンのEL準決勝が唯一の対戦となっており、初戦はホームのビジャレアルが1-0で先勝。しかし、第2戦はホームのリバプールが3-0で快勝し、逆転での決勝進出を決めていた。

なお、その2015-16シーズンのEL決勝でクロップ率いるリバプールを破ったのは、エメリ監督が率いたセビージャ。その後、アーセナルの監督としてドイツ人指揮官と再会したエメリ監督は公式戦3敗1分けと未勝利が続いている。

◆リバプール◆
【4-3-3】
予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:アリソン
DF:アレクサンダー=アーノルド、コナテ、ファン・ダイク、ロバートソン
MF:ヘンダーソン、ファビーニョ、チアゴ
FW:サラー、マネ、ルイス・ディアス

負傷者:FWフィルミノ
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関してはフィルミノが引き続き欠場となるが、それ以外の全主力が起用可能だ。

スタメンは直近のエバートン戦からマティプ、ナビ・ケイタ、ジョタに代えてコナテ、ヘンダーソン、ルイス・ディアスの3選手の変更を予想する。

◆ビジャレアル◆
【4-4-2】
予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.
GK:ルジ
DF:フォイス、アルビオル、パウ・トーレス、エストゥピニャン
MF:トリゲロス、キャプー、パレホ、コクラン
FW:ロ・チェルソ、ダンジュマ

負傷者:DFアルベルト・モレノ、FWジェレミ・ピノ、ジェラール・モレノ
コロナ陽性者:なし
出場停止者:なし

出場停止者はいない。負傷者に関しては長期離脱中のアルベルト・モレノに加え、ジェレミ・ピノの欠場が確定。ハムストリングを痛めているジェラール・モレノに関してはスタメンは厳しいものの、復帰の可能性があるようだ。

システムは幾つかのオプションがあるが、より攻守のバランスが取れた[4-4-2(4-4-1-1)]の採用が濃厚だ。スタメンはアンフィールドでの初戦ということを考慮し、前述の守備的なメンバー構成を予想。ただ、モイ・ゴメスやチュクウェゼ、パコ・アルカセル辺りにも出番があるかもしれない。

★注目選手
◆リバプール:FWルイス・ディアス
Getty Images
堅守攻略の突破口になれるか。下馬評ではリバプール優位と伝えられているが、ここまでユベントス、バイエルンを連破してきたビジャレアルの堅守は今大会出場チームでも屈指のレベル。圧倒的な破壊力を有するリバプールにとってもその攻略は決して簡単ではないはずだ。

中央を徹底的に締める相手に対して、サイドからの仕掛け、セットプレーが最も明確なゴールへの道筋となる。サラーの右サイドに関しては一対一に強いエストゥピニャン、欧州屈指の若手DFパウ・トーレスが並んでおり、攻略はより困難。一方、リバプールの左サイドではスピード、アジリティの衰えが否めないアルビオル、判断力に難があるフォイスとより攻略し易いはずだ。

リバプール加入以降、その切れ味鋭い仕掛けを武器にスタート、途中出場に関わらず、局面を打開する役割を担ってきたコロンビア代表FWは今回の一戦においても、堅守攻略の突破口となる重要な仕事が期待される。

◆ビジャレアル:MFジオバニ・ロ・チェルソ
Getty Images
守勢強いられる中、カウンターからチャンス演出できるか。トッテナムでの2年半のプレーを経て、今冬の移籍市場でパリ・サンジェルマン時代の恩師エメリ率いるイエローサブマリンに加入したアルゼンチン代表MF。

やや一本調子の攻撃に新たなエッセンスを加えることを期待された中、ここまで公式戦15試合に出場。0ゴール0アシストと目に見える結果こそ残せていないが、高精度の左足のパス、創造性を武器に、攻撃にアクセントを付ける役割を担い、バイエルンを1-0で撃破した一戦ではマン・オブ・ザ・マッチにも選出されている。

そして、早くもビジャレアルの中盤に君臨する攻撃的MFは、主砲ジェラール・モレノの不在が見込まれる今回の一戦において、ダンジュマやチュクウェゼらと共にカウンターの起点となる仕事が求められる。
チームと共に守備におけるハードワークをこなしつつ、攻撃の局面では持ち味のキープ力、ハイラインの背後を狙う味方に高精度のラストパスを通し、確実に決定機を演出したい。

ドゥンガ、リバウドなどブラジルのLEGENDや、
現役のスーパースターがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら