チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、リバプールvsビジャレアルが27日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが2-0で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 5.5
枠内シュート0に加え、普段のようにスペースケアやビルドアップにも絡む場面は皆無。ホームサポーターと共に自軍の躍動ぶりを見守ることに

DF
66 アレクサンダー=アーノルド 6.5
ロバートソンの幻のゴールを演出。守備時の鋭い切り替えに加え、攻撃ではピンポイントクロスとはいかなかったが、ダイレクトクロスや正確な球出しで勝利に貢献

(→ジョー・ゴメス -)

5 コナテ 6.5
CL3試合連発は逃したが、ファン・ダイクと共に最後尾でリスク管理を徹底。幾度か相手との一対一の場面があったが、すべてに完勝

4 ファン・ダイク 6.5
早い時間帯にカードをもらったが、以降はチームが押し込んだことで余裕の守備対応が続いた。意表を突くミドルシュートやセットプレーでチャンスにも関与

26 ロバートソン 6.5
個的優位性を保ったルイス・ディアスをアイソレーション気味に使い、後方支援やインナーラップでチャンスに顔を出した。守備でもきっちりサイドに蓋をした

MF
14 ヘンダーソン 6.5
試合の均衡を破るオウンゴールを誘発。バランスを整えつつ、右サイドを中心に相手の急所をアタックして攻撃にアクセントを加えた

(→ナビ・ケイタ 6.0)
相手が前に出ようとしてきた中、強度の高い守備できっちり潰した

3 ファビーニョ 7.0
的確なポジション、強度の高い守備で常に即時奪回を可能にした。攻撃では中継役として無難な捌きを続けた

6 チアゴ 7.5
好調を継続して圧巻のゲーム支配。チームメイト同様の守備強度に、攻撃では多くのアクセントを加えた

FW
11 サラー 6.5
見事な仕掛けからのスルーパスで2点目を演出。試合を通じて良い形でのフィニッシュは多くなかったが、的確なプレー選択と力強い仕掛けで攻撃をけん引

10 マネ 7.0
貴重な追加点を記録。攻撃での貢献以上に献身的なプレスバックで再三のショートカウンター、波状攻撃に繋げた守備の貢献を評価したい

(→ジョタ 5.5)
マネ同様に守備で貢献を見せたが、攻撃ではなかなか違いを生みだせなかった

23 ルイス・ディアス 6.5
フィニッシュの精度こそ足りなかったが、再三の鋭い仕掛けで攻め手に。守備の切り替えも文句なし

(→オリジ -)

監督
クロップ 6.5
3点目こそ奪えなかったが、2ndレグを前に相手の心を完全に折りにいく完勝

ビジャレアル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 ルジ 5.5
ややボールを簡単にこぼす場面もあったが、2失点共に致し方なし。ファン・ダイクの強烈なシュートを止めるなど、できることはやっていた

DF
8 フォイス 5.5
試合序盤はルイス・ディアスに手を焼いたが、時間の経過と共に周囲のサポートを受けながら盛り返す。後半途中からセントラルMFに配置転換。球際では良く戦った

3 アルビオル 5.5
マネの決定機をブロックし、セットプレー時は多くのクロスを撥ね返す。個人としては要所を締める好守を見せていた

4 パウ・トーレス 5.5
劣勢のエストゥピニャンのカバーに奔走。守備では良く戦ったが、期待された繋ぎの部分では相手の圧力に苦しんだ

12 エストゥピニャン 5.0
不運な形ながら失点に関与。周囲のサポートを受けながらサラーやヘンダーソンに応対も、疲労と共に突破を許す場面も増えていった

(→トリゲロス 5.5)
積極性は見せたが、流れを変えるまでには至らず

MF
17 ロ・チェルソ 5.5
サラーの決定機をブロックするなど守備では我慢の対応を続けた。攻撃では唯一のシュートを記録。相手を剥がせそうな場面もあったが、二の矢、三の矢に潰された

6 キャプー 5.5
最終ライン前の防波堤として身体を張った対応を続けた。ボール自体は足元に収まる場面もあったが、そこから相手に囲まれてボールを運べなかった

5 パレホ 5.5
守備ではハードワークをこなしたが、マイボール時に相手の厳しいチェックに遭い、カウンターの起点となるパスを配球できず

(→オーリエ 5.5)
右サイドバックで粘りの守備を見せ、終盤には良い位置でFKを獲得

19 コクラン 5.0
守備を期待されてのプレーとなったが、相手の流動的なポジションチェンジに対して後手の対応。個人としての問題だけではなかったが、ボールロストも多かった

(→ペドラサ 5.5)
守備を献身的にこなしつつ、幾度か推進力をもたらす持ち上がりも見せた

FW
11 チュクウェゼ 5.0
右サイドではなく2トップの一角での起用となったが、コナテらに潰されてカウンターの矢とはなれず。守備でもやや強度や賢さを欠いた

(→ディア 5.0)
一度惜しい抜け出しを見せたが、相手守備に封殺された

15 ダンジュマ 5.0
カウンターのけん引役としての期待に応えられず。チュクウェゼ同様に数的同数の場面でも相手守備陣を上回れず

(→パコ・アルカセル -)

監督
エメリ 5.0
バイエルン戦を踏襲する形での戦いとなったが、想定以上にボールを持つことができず。数字上は2ndレグに望みを繋いだが、逆転の策はいかに…

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
チアゴ(リバプール)
圧倒的な勝利はチーム全体の勝利と言えるが、強度の高い守備に加え、攻撃面で最も相手に脅威を与え続けたスペイン人司令塔をMOMに選出。前半のミドルシュートが決まっていれば、クラブ史に残るゴラッソとなったはず。

リバプール 2-0 ビジャレアル
【リバプール】
オウンゴール(後8)
マネ(後10)

ドゥンガ、リバウドなどブラジルのLEGENDや、
現役のスーパースターがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら