ローマのジョゼ・モウリーニョ監督は、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝進出に自信を持っているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。

準々決勝2ndレグでボデ/グリムト相手に勝利を収め、逆転でのベスト4進出を決めたローマ。28日には準決勝のレスター・シティ戦1stレグが控える。

就任初年度でありながら、早速クラブにタイトルをもたらせるチャンスを得たモウリーニョ監督は、試合前の公式会見でローマが決勝進出に相応しいチームだとコメント。そのうえで、かつてチェルシー時代に自身の下でコーチを務めていたブレンダン・ロジャーズ監督についても称えている。

「ローマはクラブとして、チームとして、そして私の選手たちやクラブで働くすべての人たちが、クラブ全体を良くしようと素晴らしい仕事をしてきた。だから、我々は決勝進出に値すると信じている」

「残念ながら、サッカーは時として相応のものを与えてくれない。そして決勝進出のためには、素晴らしい監督と選手を持つ、非常に優れたチームを倒す必要がある。両試合とも、ベストの状態で臨まなければならないだろう」

「(ロジャーズと)チェルシーで一緒に仕事をしたときは楽しかった。彼は友人でもあるんだ。対戦していないときはいつだって、彼のため100%ベストを尽くしたいと思う。彼は偉大なコーチであり、賢い男であり、素晴らしい未来が待っているだろう。彼はこれまで良くやってきた。私は彼の成功を願っているよ」

「彼は私とは違うクラブで、私とは違う選手たちと働いてきた。私は自分のキャリアの中で多くの勝利を収めてきたが、彼はそんな私より短いキャリアでスコットランドとイングランドでタイトルを獲得して、コミュニティシールドを勝ち取り、チームをチャンピオンズリーグに導いた。素晴らしい仕事をしたと思う」

「レスターはヨーロッパリーグ(EL)に出場したチームだ。そしてプレミアリーグからELに出場するためには、本当に良いチームである必要がある。ただ、この大会は明日で13試合目をこなすことになる我々の大会だ。セリエAでは木曜日と日曜日に試合をして、勝ち点を落とすことでその代償を支払った。だからこそ、我々はもっと上に行くべきだと思う」

また、モウリーニョ監督はローマとレスター、2つのクラブで指揮をとった経験を持つクラウディオ・ラニエリ氏にも言及。2015-16シーズンにレスターでプレミアリーグ優勝を果たした偉業を称え、ラニエリ氏にとっても特別な試合になるだろうと語った。

「我々は友人だが、この試合について話はしていない。ファーガソンやヴェンゲル、クロップ、グアルディオラなど、多くの人がプレミアリーグで優勝している。ラニエリはまだ一度しか優勝していないが、それでも特別なものだ」

「彼はこのレスターの街、このスタジアムのヒーローなんだ。私もそのシーズンにプレミアで指揮をとっていたが、リーグの歴史の中でも信じられないような物語として記憶している」

「彼はローマのファンであり、ローマ出身であり、彼にとって特別な試合になるのは間違いないだろう。もし彼がここにいなくても、来週はスタジアムに来るかもしれないし、その時はきっと特別な気持ちになるだろうね」

ドゥンガ、リバウドなどブラジルのLEGENDや、
現役のスーパースターがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら