プレミアリーグ第37節、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーが28日にオールド・トラッフォードで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 6.0
前半にハヴァーツとの一対一で見事な対応を見せるなど、個人としては安定したゴールキーピングを見せた

DF
20 ジオゴ・ダロト 5.0
個人のところではまずまず守れていたが、チームの機能性の問題で後手の対応が目立った。マイボール時は精度、工夫が足りなかった

2 リンデロフ 5.5
前半はハヴァーツの対応に苦戦を強いられたが、試合を通しては大きなミスなく最少失点に貢献

19 ヴァラン 5.5
まだまだ本調子とはいかないが、リンデロフと共に粘りの対応で相手の攻撃に応対。要所での判断力は秀逸

27 アレックス・テレス 5.0
前半はジェームズとマウントらの対応で大苦戦。頭の中の処理が追い付かなかったか、軽率な対応、判断が目立った。後半は若干盛り返した

MF
36 エランガ 5.5
前半は右サイド、後半は左サイドでプレー。劣勢のテレスをサポートするなど守備面では良く戦った。その煽りで攻撃面では良さを出すまでには至らず

(→ガルナチョ -)
17歳でトップチームデビュー

39 マクトミネイ 5.0
カンテとジョルジーニョのコンビを相手に劣勢に。ハードワークはこなしていたが、ポジショニング、プレー判断でクオリティ不足を露呈

18 ブルーノ・フェルナンデス 5.0
前半は幾つからしいプレーを見せていたが、期待された攻撃面ではキレのなさや精度の問題で相手の堅守を前に沈黙

31 マティッチ 6.0
見事な浮き球パスで同点ゴールをお膳立て。守備では各所で水漏れが目立つところを関心的にカバーしたが、加齢によって最後まではもたなかった

(→フィル・ジョーンズ 5.5)
投入後は無難なプレーで相手に勝ち越しを許さず

10 ラッシュフォード 4.5
攻守両面で覇気のないパフォーマンスに終始。チャンスが巡ってきた中で何かアピールしようという気迫がなく、アリバイの守備やリスクを負わないプレーがほとんどだった

(→マタ 6.0)
出番が限られる中、恐らく最後になりそうなオールド・トラッフォードで攻守に躍動感を示した

FW
7 クリスティアーノ・ロナウド 6.5
値千金の同点ゴール。苦手としていたチェルシー相手のリーグ戦で12試合目にして初ゴール。求められた少ない決定機において集中力を発揮した

監督
ラングニック 5.0
相手の決定力不足にも救われて何とか3連敗を阻止。後任監督が決定したことで、笛吹けども踊らずの状況か

チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
16 メンディ 5.5
失点場面はノーチャンス。それ以外に大きなピンチはなく無難にゴールを守った

DF
28 アスピリクエタ 5.5
失点場面ではラインを上げ切れなかったが、先制点の起点として絡むなど、攻守両面で及第点の出来

6 チアゴ・シウバ 6.0
同世代のC・ロナウドと細かい駆け引きを見せた。1失点を喫したが、個人としては攻守両面でいつも通りの安定感を示した

2 リュディガー 5.5
退団確定後初めての試合で注目が集まった中、負傷明けということもあり、普段に比べてプレーに粗さが散見された

MF
24 リース・ジェームズ 7.0
ここ最近は3バックの右でのプレーが目立ったが、やはり右ウイングバックがベストポジションと思わせるハイパフォーマンスを披露

5 ジョルジーニョ 6.0
前回対戦ではゴール、失点に絡んで注目を集めたが、今回の試合では的確な立ち位置、正確なパスで中盤をオーガナイズ。良い意味で目立たずに試合を終えた

7 カンテ 6.5
失点に絡む形となったが、試合を通してはリース・ジェームズと共に最も相手の脅威となった。豊富な運動量を生かして守備、攻撃に走り回って良いときのパフォーマンスに近づいた

(→ロフタス=チーク -)

3 マルコス・アロンソ 6.5
3年前にもゴールを決めた相性が良いスタジアムで鮮烈なボレーシュートを叩き込んだ。得点以外ではそこまで効果的なプレーはなかったが、攻守にまずまずの出来だった

FW
19 マウント 6.5
決定的な仕事はできなかったが、チームの多くの決定機に絡んだ。相手の守備に対して常に嫌がることを考えながらクレバーなプレーを見せつつ、守備の部分でもタフさを見せた

11 ヴェルナー 5.5
2トップではなく1トップでのプレーとなった影響もありなかなか決定機に絡めなかった。それでも、利他的なプレーや守備と最低限の仕事はこなした

(→プリシッチ 5.0)
前節のウェストハム戦のような活躍が期待されたが、相手のシステム変更の影響もあって見せ場を作れず

29 ハヴァーツ 5.0
結果的にマルコス・アロンソの先制点をお膳立てしたが、前半の3度の決定機の内のいずれかを決めていれば、難なく勝てた試合だったと言わざるを得ない

(→ルカク 5.0)
古巣相手にブーイングを悲鳴に変えたかったが、こじんまりしたパフォーマンスに留まった

監督
トゥヘル 5.5
試合を通して相手を圧倒も、ハヴァーツが前半の内にゴールを決めていればという消化不良の一戦に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
リース・ジェームズ(チェルシー)
負傷明けを感じさせない躍動感のあるパフォーマンスでユナイテッド守備に最も脅威を与え続けた。80分のポスト直撃のシュートを決められず、ヒーローにはなり損ねたが、文句なしのベストプレーヤーだった。

マンチェスター・ユナイテッド 1-1 チェルシー
【マンチェスター・ユナイテッド】
C・ロナウド(後17)
【チェルシー】
マルコス・アロンソ(後15)

ドゥンガ、リバウドなどブラジルのLEGENDや、
現役のスーパースターがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら