先週末に行われた第33節ではグラナダ相手に取りこぼしたアトレティコ・マドリーを除き、上位3チームが順当に勝ち点3を積み重ねた。ただ、ミッドウィークに行われた延期分でバルセロナが敗れたことにより、首位のレアル・マドリーは引き分け以上で今節での優勝を決められることになった。

第34節の注目試合は2シーズンぶり35度目のプリメーラ制覇に王手をかけたレアル・マドリー(勝ち点78)と、13位のエスパニョール(勝ち点39)の一戦だ。

レアル・マドリーは前節、オサスナを相手にFWベンゼマの2度のPK失敗、DFアラバの負傷交代と幾つかのアクシデントに見舞われながらも、FWアセンシオとMFルーカス・バスケスのゴールで相手を突き放し、3-1の勝利。リーグ4連勝を達成した。

しかし、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグでは敵地でマンチェスター・シティ相手に3-4で敗戦。内容面では完全に相手に圧倒され、更なる失点を喫してもおかしくない厳しい試合となったが、ベンゼマの2ゴール、FWヴィニシウスの1ゴールと両エースの驚異的な決定力によって最少得点差での敗戦でベルナベウでの2ndレグに望みを繋いだ。

チームとしてはその大一番を前にホームでリーグ優勝を決めたいところだが、シティ戦で前半のみの出場となったアラバを始め多くの選手が激しい消耗を強いられており、来週水曜日に控えるリターンレグを万全の状態で戦うためには大幅なターンオーバーが見込まれる。優勝を決めるピッチにベンゼマやMFモドリッチら主力がいないのは非常に残念だが、アンチェロッティ監督はアセンシオやMFカマヴィンガ、FWベイル、MFイスコといったメンバーを代役として起用する可能性は高そうだ。ただ、対戦相手のエスパニョールは前回対戦で1-2と敗れた相手だけに控え選手たちの奮起でリベンジを果たしたい。

自分たちの失態によって宿敵に今節での優勝のチャンスを与えた2位のバルセロナ(勝ち点63)は、MF久保建英を擁する16位のマジョルカ(勝ち点32)を相手にバウンスバックの白星を目指す。

先週末に敵地で行われたレアル・ソシエダとの上位対決は泥臭く勝ち切ったものの、延期分のラージョ戦では公式戦連敗中のカンプ・ノウで前半序盤に喫した失点を最後まで取り返すことができず、対戦相手に史上初のシーズンダブルを献上すると共に、クラブワーストタイのカンプ・ノウでの公式戦3連敗となった。

MFペドリの離脱によってアタッキングサードでのアイデアを欠き、今冬加入のアタッカー陣のパフォーマンスにも翳りが見え、ここ数試合はFWデンベレの個人技に著しく依存。さらに、多くの選手が軽傷を抱える最終ラインも攻守に精彩を欠いている印象だ。短い時間で多くの課題を修正するのは困難だが、カンプ・ノウでこれ以上の失態は許されない。

一方、マジョルカは前節アラベスとの残留争い直接対決を2-1の勝利で飾り、残留圏内に再浮上。ただ、同試合で新体制初スタメンを飾った久保は右サイドハーフでプレーしたものの、チームスタイルの影響もあってなかなか存在感を示せず。アギーレ監督からも試合後に継続性の欠如を指摘され、ポジション固めへのアピールとはいかなかった。そのため、守備的に戦うであろう古巣対戦のアウェイゲームではベンチスタートの可能性が高いか。ただ、攻撃面の能力は買われており、ビハインドを背負った際にはチャンスを与えられるはずだ。

熾烈なCL出場権争いでは3位のセビージャ(勝ち点63)が残留圏内ギリギリにいる17位のカディス(勝ち点31)、4位のアトレティコ(勝ち点61)が8位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点48)とタフな相手と対戦する。

バルセロナの取りこぼしによって2位フィニッシュのチャンスもあるセビージャは、カディス相手に連勝を狙う。前節は3-2で勝利したものの、残留争いに身を置くレバンテ相手にかなり苦しい戦いとなっただけに気を引き締めて臨みたい。相手はここまで29得点と深刻な得点不足に陥っているだけに前半の内に先制し、心を折りたい。

前節はグラナダ相手に攻撃が停滞し、0-0のドローと痛恨の取りこぼしとなったアトレティコ。対戦相手のアスレティックは前回対戦で0-0のドローに終わったように堅守を売りとするチームだけに、FWフェリックスを欠く中でFWグリーズマンやFWルイス・スアレスらベテランプレーヤーにアタッキングサードでのアイデア、精度を求めたい。

その2チームを追う5位のベティス(勝ち点57)と、6位のレアル・ソシエダ(勝ち点55)は、15位のヘタフェ(勝ち点35)と、11位のラージョ(勝ち点40)とほぼ残留を決めているマドリード勢と対戦する。

コパ・デル・レイ制覇にMFホアキンの現役続行宣言と幸せに溢れるベティスは、その勢いに乗って残留確定に勝ち点を積み上げたいヘタフェ相手に勝ち切れるか。ソシエダはバルセロナを破ったラージョとの対戦となるが、日程面のアドバンテージを生かしながら決定力不足という明確な課題をサスペンション明けのMFダビド・シルバの復帰を追い風に解決したい。

その他ではCL準決勝1stレグでリバプールに0-2のスコア以上の完敗を喫した7位のビジャレアル(勝ち点52)のパフォーマンスに注目。ホームでのリターンレグに向け、大幅なターンオーバーが見込まれるが、最下位のアラベス(勝ち点25)を相手にリーグ3連勝を飾り、良い形で逆転を期す運命の第2戦に臨めるか。

《ラ・リーガ第34節》
4/29(金)
《28:00》
セビージャ vs カディス

4/30(土)
《21:00》
アラベス vs ビジャレアル
《23:15》
レアル・マドリー vs エスパニョール
《25:30》
バレンシア vs レバンテ
《28:00》
アスレティック・ビルバオ vs アトレティコ・マドリー

5/1(日)
《21:00》
エルチェ vs オサスナ
《23:15》
グラナダ vs セルタ
《25:30》
ラージョ vs レアル・ソシエダ
《28:00》
バルセロナ vs マジョルカ

5/2(月)
《28:00》
ヘタフェ vs ベティス

ドゥンガ、リバウドなどブラジルのLEGENDや、
現役のスーパースターがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら