オーストリアサッカー連盟(OFB)は29日、オーストリア代表の新指揮官にマンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督(63)を招へいすることを発表した。

契約期間は2年間で、5月末に行われるUEFAネーションズ・リーグ(UNL)から指揮を執ることとなる。

また、ユーロ2024を目指して指揮を執り、出場権を獲得した場合は2026年のアメリカ、カナダ、メキシコのワールドカップ(W杯)まで自動で契約が2年間延長となる。

ラングニック氏は、シュツットガルトやハノーファー、シャルケ、ホッフェンハイムの監督を歴任。2012年からは世界的な飲料メーカー『レッドブル』社がオーナーを務めるレッドブル・ザルツブルクとRBライプツィヒの統括SDに就任した。

2015年からはライプツィヒの仕事に専念しSDと監督を兼任。2018-19シーズンは翌シーズンから新監督に内定していたホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督(現バイエルン)の繋ぎ役として、1シーズン限定でSD兼任監督に再任。チームをチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位フィニッシュさせる、さすがの手腕を発揮した。

その後、ライプツィヒのアドバイザーを務める傍ら、『レッドブル・グループ』のスポーツ部門兼サッカー開発部門の責任者に就任。傘下のニューヨーク・レッドブルズ(アメリカ)、レッドブル・ブラガンチーノ(ブラジル)のアドバイザーを務めた後、ロコモティフ・モスクワでスポーツ部門と開発部門の責任者を務めていたが、チームを退団。2021年11月にユナイテッドの暫定監督に就任するとともに、2022-23シーズン以降はアドバイザーになることが決定した。

なお、ユナイテッドは来シーズンからはアヤックスのエリク・テン・ハグ監督の就任が決定。ラングニック氏は、アドバイザーとオーストリア代表監督を兼任する。

ラングニック監督はOFBを通じて「監督の役割を引き受けることができて光栄だ。成功を望んでいる若いチームと、ドイツでのユーロに出場できる可能性に興奮している」と語り、まずはユーロ2024出場に意欲を見せた。

ドゥンガ、リバウドなどブラジルのLEGENDや、
現役のスーパースターがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら